コメントを残す

 海上自衛官を目指そうと思ったら読んだ方が良いオススメ書籍~海上自衛官が南極観測船「しらせ」で学んだきつい仕事につぶされない人のルール~

 この本を読んだ動機は、南極観測船の実態について知りたいという好奇心でした。本書では南極観測船での仕事等に関する、様々な事柄について人間関係を中心に詳細に触れられています。本書でなければ知り得ない、海上自衛隊の内情について、筆者の実体験に基づいた事柄がまとめられているため、海上自衛官を目指す方にとっては良書になると思います。

印象に残った内容

1.貴重な体験ができる

 南極観測船でのお話なので、南極に近づく程に荒れる海、南極海で見られる美しい風景、分厚い氷を破砕して船を前進させる方法など、日常では体験できない魅力的な出来事に出会えます。ですが、南極海という過酷な環境での業務であるため、個人的にはせいぜい1回体験すれば十分かと思いました。

2.逃げ場の無い職場

 プライベートはほぼありません。1人になれる場所は、睡眠を取るベットくらいです。考え方によっては、ベットに居る以外は職場の人間と顔を合わせるため、寝る以外は殆ど仕事をしているようなものです。

 また、南極観測船は軍艦ではないため、戦闘行為は行いません。ですが、所属する組織は海上自衛隊なので、上官(先輩)からの命令は絶対です。どんなに仕事が多忙でも、上官に新たな仕事を依頼されたら、返事は基本的に「はい」か「わかりました」の二択しかないようです。なぜなら自衛官には一般サラリーマンとは異なり、「命令遵守の義務」があるからです。よって、来る仕事は断れません。

 他にも、先輩からの指導(説教)を早く切り上げて、自分の仕事に復帰する方法も印象的でした。なぜなら説教を受けている時間分だけ、自分が受け持つ仕事が終わる時間が遅くなるからです。よって、残業代はあまり期待できないようです。

 本書にはこのような事柄について、上手くかわす方法や、受け入れ方について書いてありますが、そういうことも仕事の一部になっています。それなりに振る舞えるようにしないと、メンタルに支障を来たしそうです。

以上を踏まえての感想

 以上、そうとうキツイ職場環境なので、覚悟が曖昧な人には、船内は地獄に感じることでしょう。

 本書を読んだ上で、国を守りたい、日常では体験できない事を仕事にしたい等、海上自衛官になる目的意識に迷いが生じないか確かめられるので、なんとなく自衛官になりたいと思っている方は一読されることをオススメします。

スポンサーリンク

コメントを残す

ぬる湯温泉 二階堂に自炊プランで宿泊

 ぬる湯温泉二階堂には、これまで数回宿泊しており、食事パターンを覚えてしまったので、今回は自炊プランで宿泊してみました。このプランの料金は1泊4,503円となり、朝夕食付きプランと比べて5千円以上安くなります。

部屋

 案内された部屋は1階でした。自炊プランは1階に通されるのか分かりませんが、初めての1階です。天井が低いのが気になります。部屋に備わっているアイテムは、テレビ、冷蔵庫、蚊取り線香、ストーブ、茶器一式(湯のみ、お茶、お湯)、布団、浴衣などです。自炊プランでは、歯ブラシと白タオルはありませんので持参しましょう。また、自炊プランでは、布団を敷くサービスは含まれていません。

↓ 1階の部屋。広さは8畳あります。虫と猫が入ってきます。特に夏場は虫が入ってくるので、蚊取り線香必須となります。

自炊

 自炊場には、食器洗い洗剤、鍋、食器、包丁、まな板、ガス台、炊飯ジャー、電子レンジ、冷蔵庫など、調理に必要な道具は一通り揃っているので、食材を持ち込めば問題なく自炊できます。今回、自炊で作ったのはカレーでした。

↓ 流しには給湯器が付いています。

↓ ガス台。使い終わったら元栓を締めましょう。

↓ 食器類

↓ 自炊場には長期湯治の際に使うと思われる洗濯機も設置されていました。

夏はぬる湯が最高

 災害級の猛暑とニュースで報道されている日に、ぬる湯に行きました。現地も強い日差しでしたが、標高が1000m程度あるので、暑さも幾分和らいでいます。そんな中で、程よい温度のぬる湯に長時間浸かるのは、気持ちがいいものです。

↓ ぬる湯から林道を少し歩いた場所から福島市の夜景を見ました。日中に熱せられた大気により、市街地が霞んで見えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

(8473)SBIホールディングスの株主優待が到着(100株と1,000株の優待) 

 既に株は売却してしまいましたが、3月末の配当権利日に、夫婦で100株と1,000株をそれぞれ持っていたので、優待品を受け取りました。

優待品

 優待品は以下の通りです。自腹で購入する意思はありませんが、実際に買うとなると結構良い値段です。

①健康補助食品(サプリメント):アラプラスゴールド(90粒)9,800円(税込)
②健康補助食品(サプリメント):アラプラスからだシェイプ(20包)3,218円(税込)
③加工食品:発芽玄米の底力(160g)378円(税込)×3袋
④健康補助食品(サプリメント):アラプラスゴールド(270粒)24,300円(税込)
⑤化粧品:アラプラスモイスチャライジングクリーム9,000円(税込)
⑥化粧品:アラプラスエッセンシャルローション6,000円(税込)
⑦化粧品:アラプラスディープクレンジングジェル3,000円(税込)
⑧化粧品:アラプラスピュアクレイウォッシュ2,900円(税込)
⑨化粧品:アラプラスボディクリームアラピ6,000円(税込)

↓ 100株保有の優待品

↓ 1,000株保有の優待品。この内容を受取るためには、1年以上の保有期間が必要です。また、外箱の大きさは100株の優待品と同じでした。

 100株で貰える優待品は①~③なので、商品価格の合計は14,152円になります。また、1,000株の場合は65,352円になります。

 以上の優待金額を基に、株価2,500円として配当・優待利回りを計算すると、予想年間配当は1株あたり100円なので、100株の場合は9.66%となり、1,000株の場合では6.6%となり、100株保有が最も利回りが高い計算になります。

 優待品は基本的にサプリメントですが、1,000株以上保有すると、ボディクリームや化粧落とし、洗顔料が追加されます。我家では嫁さんが使うつもりでいますが、これらのアイテムを普段使用しない方が受取った際には、高額なアイテムであっても有り難味が無いのが難点です。

 嫁さんが使ってみて、良い品であれば、優待確保の為に再度、株を買い付けるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

2019年7月の家庭菜園② 枝豆の収穫

 長く続いた梅雨がようやく終わり、暑い夏が来ました。いよいよ枝豆の収穫です。5月上旬に早生種の種をまいて、栽培していたのですが、長く続いた梅雨による日照不足により、なかなか実が膨らみませんでしたが、日数的にそろそろ食べごろなので収穫となりました。

枝豆の出来具合

 20本植えました。虫害を受けたものや、日照不足や雑草との生育競争に敗れて、枝豆の木が大きく育っていないものがありますが、さやの中身は食べごろの大きさに膨らんでいます。

 病気によるものなのか、枯れかかっている枝豆もありました。今回はコマツナと一緒に栽培したのですが、枝豆とコマツナとで密植状態となり、風通しが悪くなったことが原因でしょうか。枝豆のさやは膨らんでいますが、黄色く変色してしまい、あまり美味しくなさそうです。

 収穫した枝豆の量は、さや込みで517g。20本を栽培した結果としては少ない気がします。ただ、さやの内部に虫が入り込む害は受けなかったのが救いです。

枝豆の食味

 収穫日数は70~80日と種袋には記載されています。実際に収穫したのは、実が膨らむのを待っていたので、種まきから84日後です。枝豆が美味しく食べられる収穫時期は、10日前後と短いため、それと照らした場合、若干遅れ気味です。

 収穫は、陽が高くなる前の6時台に行いました。日の出前に収穫すると、枝豆に葉からの栄養が還流しているため、風味が最も良いみたいです。陽が上ると、枝豆の栄養が葉に回ってしまうそうです。

枝豆は塩茹でにして食べました。収穫量が少なかったので、1回で終わりました。茹で時間は約10分です。

 早速、朝ごはんに出して食べました。無農薬、無施肥で育てたので、生命力豊かな枝豆です。また、収穫時期や収穫時間もそれなりに合わせた事も、美味しさに結びついている(以上、自己満足)と感じながら、美味しく頂きました。

スポンサーリンク

コメントを残す

2019年夏に開催された千波湖花火大会 場所取りの状況など

 茨城県水戸市で7月20日(土)に開催された千波湖花火大会を見に行ってきました。花火が良く見える場所取りに成功しましたが、天候は生憎の雨。それでも場所が良かった為、花火大会をそれなりに満喫してきました。

場所とり

 場所は花火を打ち上げる場所から、千波湖を挟んだ対岸です。招待席が近くにありました。この位置なら花火の打ち上げ場所から遮るモノが無いので、打ち上げ高度が低いスターマインも全て見えます。

 また、曲に合わせた花火も、遠くからだと曲が聞こえず花火を観るだけになりますが、この位置なら曲と合わせて観賞できます。更にトイレが比較的近いこともポイントです。

場所確保の時刻

 16時に花火大会の有無を知らせる花火が上がります。その時間に場所取りを行いました。花火客はそれなりに居るものの、まだ、場所に余裕がありました。しかし、17時を過ぎてくると、辺りは全て埋まります。

↓16時過ぎの場所取りした周辺の状況。既に多くの場所がブルーシートなどによって埋まっています。

花火大会の状況

 雷雲が接近しており、花火の打ち上げ開始1時間前から雨が降り始めました。本降りになることを警戒し、空が雷で光る中、予定を30分早めて19時に花火大会が始まりました。多少の雨なら花火は良く見え、曲や花火の解説も聞き取れます。

 豪雨を覚悟していましたが、運良く強い雨にはならず、最後まで穏やかな心持で花火を観賞できました。予め降雨を想定して、傘や雨カッパを持参したことが幸いしました。ただ、花火大会が終了した後になっても、雨が降り止む気配は無く、傘を持ってきていない方々は寒そうです。よって、花火大会終了後は早々の撤収となります。

 帰宅の際、雨で混雑した中を徒歩で移動するのは億劫です。傘と傘がぶつからないように、行列に合わせてゆっくり進むことを心掛けます。ただ、降雨により、それほど人が集まっていない為か、人の過密はそれほどでもなく、傘を持っていない人が少なからず存在していたこともあり、思ったより歩きやすい状況でした。

スポンサーリンク