コメントを残す

(2222)寿スピリッツを空売り

 業績と株価上昇に勢いがある寿スピリッツ株ですが、株価の方は天井圏にあるのではないかと考えています。

株価上昇の根拠

 寿スピリッツの株価は純資産倍率が14倍、株価収益率は約60倍と製菓企業としては割高な水準に達しています。また、優待・配当利回りも低く、新規で買う意欲は沸いてきません。

 その割高な株価の根拠は、とても高い業績の伸び率にあります。売上・利益ともに2ケタの伸び率で推移しており、特に2020年3月期の業績見通しは、かなり明るいものになっています。製菓マーケット全体の需要は横ばいで推移しているなかで、多様な選択肢があり、それなりに競争がある首都圏での売上を着実に伸ばしている寿スピリッツは凄い会社だと思います。

 以上から、たいへん魅力のある製菓を製造・販売しており、業績も急拡大していることから、引き続き今後の成長にも大いに期待できるとして、現在の割高な株価に達しているのであろうと考えます。

空売りを入れた根拠

 業績は好調ですが、株価は買われすぎていると考えます。

 2020年3月期の業績が前期比で相当良いであろうことは、既に5月及び11月に発表された四半期毎の業績開示で広く知れ渡っており、株価もその情報に合わせて大きく上昇しています。この流に沿って、通期の業績見通しを上方修正するかに思われましたが、今年10月からの消費税増税、人件費・物流コストの上昇、大型台風の影響などのリスクを考慮して、通期業績の見通しは据え置いてきました。

 ところが、12月17日、証券アナリストが通期業績の見通しを大幅に上方修正します。確かに会社側の業績見通しは保守的でしたが、証券アナリストが示した業績見通しは消費税増税等のマイナス要因をものともしない、相当強気な内容です。その業績が達成されるであろう場合の目標株価は8,910円であり、その目標に向けて株価は大幅上昇していきます。

 やがて株価は証券アナリストによる投資判断を拠り所として、目標である8,910円に到達しました。この株価を維持するためには、寿スピリッツが証券アナリストが示した業績を上回る必要がありますが、それは難しいのではないかと考えます。そもそも寿スピリッツは、10月に中間期における業績の上方修正を行ったものの、通期での見通しは消費増税や台風の影響等があることから5月に公開した業績見通しからの変更を行っていません。それを更に大きく上回る証券アナリストの期待に応えるにはハードルが高すぎます。

(予想経常利益を寿スピリッツが公示した前期比16.4%増の7,000百万円から、証券アナリストが前期比35.1%増の8,120百万円に修正。中間期における経常利益は、改元祝賀ムード、長期のゴールデンウィークのプラス要因があって3,548百万円。証券アナリストの期待に応えるためには、下期の経常利益は上期経常利益28%増となる4,572百万円を達成しないといけない。消費増税など事業環境が厳しくなる中で、達成できるのか?)

 また、次期以降も国内消費者の減少や消費増税によって、消費マインドが低下していく中、とても高い成長率を維持していくことも高いハードルになっていくと考えます。

 よって、証券アナリストが示した期待しすぎた業績、あるいは業績見通しを寿スピリッツが満足できなかったとき、かなり割高な水準まで上がった株価は、それなりに大きく下がるのではないかと思っています。寿スピリッツは2月上旬に第3四半期の業績発表を予定しているので、その内容に注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

自分で干し芋を作って判ったこと

 お店で購入すると、1kg3千円くらいする干し芋。芋を蒸して干しただけなのに、どういうわけか高い値がついています。よって、いままで購入せずにいました。一方、昨年の家庭菜園における芋の収穫量はそこそこありましたので、この芋を使って干し芋を作ることにしました。その際に判明したことを以下に記していきます。

芋の品種

 干し芋にすると美味しくなる、紅はるか、安納いもを使います。その他、お試しに紅あずまも使いました。

 食味

 紅はるか ☆☆☆

 柔らかくて甘くて美味しいです。高値で売れる訳です。

 安納いも ☆☆☆

 紅はるかよりも黄色が濃い色に仕上がります。食味は紅はるかと比べて甲乙付け難く、食べる人によって好みの違いはあるかも知れませんが、どちらも美味しいです。

 紅あずま   ☆

 一応は食べられますが、紅はるか、安納いもに比べると食味は劣ります。わざわさ干し芋に加工する必然性はありません。他の調理法で食べるべきだと感じました。

芋2kgからどれくらいの干し芋が出来るのか

 購入すると高価な干し芋ですが、干している分だけ干し芋の重さは元の芋よりも減っているはずです。そこで、実際にどれくらい減っているのか、干し芋を作りながら調べてみました。

 結果、水洗いした芋2kgで作った場合、廃棄するものとして芋の皮270gが発生し、剥いた芋を干して800gの干し芋が出来上がりました。

 結果から判ったことは、芋を干すことにより、元の芋のほぼ半分の重さになること。このことにより甘みが元芋の2倍に濃縮されます。また、元芋に対して4割程度の干し芋しか出来ないということです。例えば、1kgの干し芋が3千円だとしたら、2.5kgの芋が使用されていることになります。元芋の値段と生産者の人件費を考えると・・・うーん、元芋の値段にもよりますが、自分で芋を購入して作った方が安上がりでしょうか。干し芋生産者側はそれなりに儲かっているようです。 

干し芋の作り方

 我家の場合は、ホットクックを使います。内鍋に蒸し板をセットして、その上に芋を入れます。だいたい2kgの芋が入ります。調理の設定は「手動」メニューの「煮物」、「混ぜ技ユニット無し」にします。時間の設定は、太い芋の場合は80分、細い芋の場合は60分にしています。なお、蒸し時間が不足すると、芋が白くなるシロタという部位が出来やすくなります。甘みはありますが、パサパサした食感となり、見た目も悪くなります。ちなみに、プロの干し芋生産者さんは、1.5時間程芋を蒸すようです。その分、1回に蒸す芋の量も150kgと多いです。

 蒸しあがったら、暑いうちに芋の皮を剥きます。芋が熱いので、厚手の手袋は必須です。干し芋の見た目を良くしたい場合、厚めに皮を剥くと、売り物と同じような見た目になります。

 次に干し網に芋を干します。太い芋は切って干しますが、この作業は素手でやったほうが効率が良いです。よって、剥いた芋がある程度冷めてから行います。なお、我家では包丁を使って芋を剥いていますが、剥き終った後、時間が経つと芋が乾いてこびりつきます。作業後は早めに洗いましょう。また、ホットクックの内鍋にも、芋のヤニがこびりつきます。なかなか落ちません。ホットクックの内鍋を大事に使われている方は使用を控えましょう。

 最後は天日に干して完成です。好天が続けば4日で完成します。干す按配は自分で調節できますので、好みの柔らかさになったら収穫です。

↑ ホットクックに入れた芋

↑ 蒸して皮剥きした芋。この状態でも十分甘みがあります。

↑ 完成品。カビが生えないよう冷蔵庫で保管し、早めに食べます。

スポンサーリンク

コメントを残す

(7819)SHO-BIから株主優待品が到着

 令和元年の12月15日に届きました。300株以上を3年以上継続保有しているので、3千円分の自社企画商品に加えて自社選定商品を受取りました。

優待品

 自社企画商品は、「大人のまつげ美容液」と「おやすみ中の針状ヒアルロン酸マスク」でした。なお、ヒアルロン酸マスクは1回分の分量です。この構成で3千円分もあるのだろうか・・・というのが開封した時の感想でした。メルカリでは千円で売買が成立していました。

 また、3年以上継続保有することで受取れる自社選定商品はパリム(シェロ)のカタログギフトでした。中身の選べる商品価値は、当方の感覚で千円程度でした。

業績から優待品を考察

 SHO-BIは化粧雑貨に注力しています。よって、株主優待品も化粧雑貨でした。

 しかし、業績面では売上高が減少傾向にあるため、業務効率化等による費用削減によって利益を確保している状況です。この状況を打開するべく、値段ではなく、商品の品質を訴えていく方針を打ち立てました。社名も2020年1月1日にSHO-BIから粧美堂に変更し、ブランド化を推進します。

 以上から、ぱっと見た目では物足りなく感じた優待品ですが、実は高機能商品で、それなりの価値を有しているということになります。一度使ってみると案外良品なのかも知れません。我家では嫁さんが使うと言っています。

 化粧雑貨の高機能化が一般に広く受け入れられるなら、売上が伸びて利益が出ます。直近のSHO-BI株の値動きは緩やかに上昇しているように見えます。これは、化粧雑貨の高機能化への取組みが市場から一定の評価を得ているようにも受取れますが、当方としては買値を上回って欲しいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

令和1年のクリスマスシーズンも石岡フラワーパークのイルミネーションで決まり

 今年も家族でクリスマス気分を味わうべく、石岡フラワーパークにクリスマスイルミネーションを観に行きました。

イルミネーションの点灯は17時

 フラワーパークに到着したのは16時と未だ明るい時間帯でした。イルミネーション点灯期間の入園料は、大人800円、小人250円です(未就学児は無料)。去年と比べて大人の料金が100円値上がりしています。

↓ イルミネーション点灯前のフラワーパーク

 イルミネーションの点灯前に広い園内を散策しようとしたのですが、16時以降になると、イルミネーション点灯エリア以外の場所には入れなくなります。これは、暗い園内での転倒等による事故防止の為です。イルミネーションエリアから出ていると、係員の方に注意されます。

イルミネーション

 イルミネーションは16時50分頃から徐々に点灯していきました。一度にパッと点灯する訳ではありません。

↓ 一部のイルミネーションが17時前に点灯します。

 去年と比べてイルミネーションの規模はあまり変わっていませんが、今年からスマートフォンが置けるフォトスタンド付きのスポットが多数登場しました。カップルやら家族で集合写真を撮っています。このスポットがあるおかげで、写真撮影イベントが発生します。あらゆるスポットで写真を撮っていくと、それなりの充実感が味わえて、スマホ内にクリスマスの良い思い出がたくさん残ります。

↓ 写真撮影スポット

 なお、その撮影に費やした分、フラワーパークでの滞在時間が長くなります。我家の場合、2時間以上滞在しましたが、日暮れからグッと寒さを感じるようになります。イルミネーションそのものはきれいなのですが、帰る頃には寒さを強く感じていました(その際の外気温は2℃)。寒さに弱い方は、きちんと厚着をして行きましょう。足のつま先から冷えてきます。

カレンダー

 フラワーパークの出口ゲートを抜ける際に、2020年のカレンダーが貰えます。とりあえず貰っておきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

(7148)FPGが東海東京証券の投資判断格下げにより株価急落。株価が安い所で買いたい

 売上高利益率(経常利益率 約54%)、配当利回り(約5.5%)共に高く、更に株主優待(UCギフトカード)があるFPGですが、11月26日に東海東京証券が投資判断を格下しました。これにより株価は急落。配当・優待目的であっても個人的に安心して買える株価水準になってきました。

東海東京証券による投資判断格下げの要因

 FPGの利益を最も稼いでいるリースアレンジメント事業における手数料率の低下、及び多角化事業の一環である保険事業の規制強化による減速が投資判断格下げの要因として挙げられています。目標株価は、2020年9月期の業績が小幅増益に留まるとの見通しにより1,650円→1,100へ引き下げられています。現在の株価は1,100円を下回って推移しているので、東海東京証券の投資判断が的確だと仮定するなら、売られすぎです。

悲観するような内容ではありません

 リースアレンジメント事業における手数料率の低下ですが、2019年度の事業報告によると、売上高は約208億円(前年度比9.5%増)で好調です。また、収益を生み出すリース事業組成金額も過去最高となる5,381億円(前年度比25.7%増)となっており、投資家からの需要は旺盛です。そのため、2019年度が絶好調なので、翌2020年度の業績は、現状維持の傾向となり小幅な増益に留まるというシナリオも有り得るでしょう。ですが、そんなに悲観するような経営状況なのでしょうか。

また、保険事業ですが2019年度の売上は約9億円でした。前年度比25.1%減と振るいませんでしたが、全体の売上比率からみれば影響は小さく、投資判断格下げの大きな要因にはなり難いと考えます。

投資判断

 株価は短期的に上がりにくいですが、高い利益率と配当利回りによって下値も限られていると考えます。FPGの株主還元政策には、高い株主還元の実現を目指すことが掲げられている為、2020年度が小幅増益であっても増配される可能性があります。よって、リースアレンジメント事業の長期的な拡大を見越して、株価が安くなっている今のうちに、配当・優待・値上がり益を目的とした長期保有での「買い」を検討します。

スポンサーリンク