コメントを残す

(7148)FPGは2020年度の予定配当を満額支払い可能なのか

 予定通り1株当り60.1円の配当が支払われる場合、配当利回りは11%を超えて、不動産投資並みの利回りになります。高利回りに釣られて「買い注文」を入れたくなりますが、果たしてこの高利回りは現実的なのでしょうか。

業績面での検証

 過去の業績を2007年度から追ってみました。業績はリーマンショックや東日本大震災による影響を受けても、赤字転落には至らず、黒字を確保しています。また、利益面でも一時の落ち込みはみられるものの、概ね右肩上がりで推移しています。
 この業績推移に関し、事業の中核を担う税金繰延べを目的としたオペレーションリースは、相当儲けているお金持ちの方が顧客であることが覗え、彼らは不況が到来しても、お金持ちの座を維持していると考えられます。
 以上のことから今回のコロナショックのケースであっても、節税したいお金持ちは一定数存在すると想定されます。よって、オペレーションリース需要の大幅な減少は無く、業績が大幅に悪化する可能性は低いと考えます。
 会社四季報春号の2020年度業績予想によると、経常利益は145億円。仮にこの水準が維持できるならば、1株当り配当60.1円は問題なく支払えます。

FPGの2007年度からの業績の推移

会計年度   売上高  経常利益 (単位:億円)
2007   5.0   2.3
2008   9.0   4.4
2009   8.6   2.4 リーマン・ショック
2010  16.2   7.7
2011  20.0   9.7 東日本大震災
2012  28.0  13.9 
2013  40.0  20.0 ここから連結決算2014  62.6  32.6
2015 153.1 100.5
2016 188.9 119.1
2017 210.7 137.1
2018 220.4 126.2
2019 266.0 144.0
2020予243.0 145.0

財務面での検証

 配当金は、利益剰余金から支払われています。2019年12月31日の状況では、利益剰余金は236億円あります。1株配当を60.1円とする場合、配当の支払い額は約50億円となり、支払は可能です。
 ただし、現預金は211億円ありますが、これは3か月分の運転資金とほぼ同額です。現金に余裕がある訳ではないので、利益が無い場合、配当を支払うことで財務が悪化します。よって、ある程度の利益を出せないと、仮に満額配当を受取っても、株主としてあまり歓迎できないものになるでしょう。

現状での投資判断

 過去の業績、財務だと配当は有りそうです。
 しかし、株価をみると2019年11月に投資判断の格下げがあり、その中身はリース事業の手数料率の低下、多角化事業の中核となる保険事業の規制強化による減速が要因として挙げられていました。本件を受けて、業績が安定成長から踊り場に移ったと捉えられて株価は値下りしています。更にコロナウィルスの影響から人・モノの動きが滞り、航空、海運の動きも連動して不活性化していることから、オペレーションリース事業が相当停滞している懸念があります。
 もし、業績が悪く、無配になった場合、他の金融銘柄と比較して純資産倍率(PBR)に割高感が未だ残っており、更に大きく株価が調整する局面があるかもしれません。
 長期の視点では買いでも良いのでしょうが、短期的には業績懸念による株価の値下りも想定されます。
 株価が更に値下りしても追加で株を購入できる余裕があるなら買いで入りたい銘柄です。

スポンサーリンク

コメントを残す

(6572)RPAホールディングスは在宅勤務やテレワーク関連銘柄として株式市場に認識されるのか

3月27日にRPAテクノロジーズが提供する事務作業代行ソフトを導入することにより、在宅勤務やテレワークに対応できるとのニュースを発表しました。なお、RPAテクノロジーズはRPAホールディングスの子会社です。このニュースは低迷する同社の株価に対する買い材料になるでしょうか。

株価の推移

 事務作業代行ソフトを提供するAPAホールディングスは、多くの企業が課題としている人手不足や生産性向上の改善に役立つ会社であると考え、株を保有しています。人工知能を用いた業務自動化への需要拡大を受けて、業績は右肩上がりに推移していまいた。

 ところが、中小企業への導入を目的とした事務作業代行ソフト「BizRobo!mini」の販売体制が遅れたことにより、当初見込んでいた売上が未達、減益となり株価も軟調に推移。更に新型コロナウィルスショックによる追い討ちを受け、株価はもっと値下りしました。

3月27日のニュースを受けて

 ニュースによると、事務作業代行ソフト「BizRobo!」を導入することにより、大量のデータやルールを一括管理、それらの大規模展開が可能になり、在宅勤務で使用する個別パソコンでも仕事ができるようになります。

 2020年3月より(6750)エレコム㈱への本格導入が決定しており、ここでの使用実績が確かなものであれば、今後の業績拡大に繋がります。

 一方、同社の課題となっている中小企業への導入を目的とした事務作業代行ソフト「BizRobo!mini」の販売体制構築の進捗状況については、このニュースでは明らかにされていません。

 また、このニュースでは売上予測など、具体的な数値は示されていませんが、事務作業代行ソフト「BizRobo!」が東証一部上場の企業にが採用されたこと、及び在宅勤務やテレワークに対応できることが正式に発表されたということは、RPAホールディングスがコロナ蔓延リスクに対応できる商品を提供する企業であるとの認識を株式市場に与える効果があると考えます。

 以上のことから、同社株が在宅勤務・テレワーク関連銘柄として、これから買われていく展開を祈ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

西部図書館から楮川ダムまで往復

 茨城県水戸市にある西部図書館から水戸市民の水瓶になっている楮川ダムを往復します。歩いた距離は約10kmでした。

今回のルート

 西部図書館から車通りの少ない静かな田んぼ道や雑木林の中を通って、楮川ダムに至ります。

 スタート位置の西部図書館。今はコロナの影響により3月末まで閉館していますが、歩いた当日は開館しており、天気も最高でした。

楮川ダムまでの道

↓ 歩き始めて直く、田んぼ道に出ます。この日は暖かく、春の草花も陽に照らされて映えて、日々季節が春に向かっていることを実感します。なお、この時期は田の仕事が無いためか、車通りは殆どありません。よって、季節を感じながら気分良く歩けます。

↓ 林の中にも通れる道があるので行ってみました。細い道なので、車は殆ど通りませんが、道中に不法投棄されている場所がありました。人通りが無く、周りから見えにくくなっていると、ゴミを不法に捨てたくなるのでしょうか。せっかく良い道なのに、このようなことがあると悲しくなります。

↓ 楮川ダムへ向かう道の分岐には案内標識がありました。ここから楮川ダム浄水場まで1.7kmあるようです。実際に歩いてみたところ、それくらいの距離感でした。

↓ 楮川ダムに至る登り坂です。登り坂は長く続きませんが、10%勾配の標識があると、山道を歩いているような気分になります。

楮川ダム

 坂道を登りきると、楮川ダムが視界に入ってきました。辺りはきれいに整備されていて、公園のようです。しかし、ダム湖の周りにはフェンスがあり、水辺に近づくことは出来ません。また、釣り禁止の看板も随所にありました。ここに溜められている水は水戸市の水道水になるため、悪さができないよう、このような対策が為されているのでしょうか。

↓ ダムの向こうに山が見えます。山は城里町にある低山でしょうか。

↓ 遠くに配水タンクが見えます。那珂川から送られて来た水が楮川ダムに溜められ、それを浄化した水がこのタンクから各世帯へ送られています。

↓ 配水タンク。近くに行くと、相当大きく感じます。

↓ 浄水場付近に水場がありました。浄化したての水が飲めるかと思い、蛇口をひねってみましたが、何も出ませんでした。どうやら冬期は凍結防止のため水を止めているようです。残念。

↓ 楮川ダムの放水口。高さは35Mあるようです。

 楮川ダムをぐるっと1周しても2.5㎞以下でした。1周3㎞の千波湖より短いです。ダム周りには駐車場もあり、歩きに来ている人も数人いました。景色が良く、歩いて気分転換するのに向いています。また、人通りが少なく歩きやすいこともポイントです。

スポンサーリンク

コメントを残す

歴史的株価大暴落に遭遇

 投資家にとって、この出来事は後に貴重な糧になるのでしょうが、全く愉快ではありません。

これまでの行動

一部銘柄の損切り

 空運等、中米欧間の人の移動が遮断されたことによって、明らかに業績に悪影響が及ぶであろう銘柄を損切りしました。あと数日保有していれば、配当・優待の権利を得られますが、諦めます。

上手に利益・損失確定できなかったことを後悔する

 暴落前には含み益が乗っている銘柄が多数ありました。しかし、今現在、含み益は無くなり、逆に多くの含み損を抱える状態に。2月中に利益或いは損失を確定していれば・・・と悔やんでいます。今更どうしようもないのですが。
 また、空売りしていた銘柄の利益確定はタイミングが早すぎて、今回の暴落で得られたであろう利益を取りこぼしています。まあ、儲かったので文句はないのですが、もう少しだけ上手く立ち回れなかったのかと。
 結果、大して儲からず、暴落により損が増えている状況です。なお、含み損は買値マイナス2~4割という、あまり経験の無い幅となっております。

これからの行動

 今がとりあえずの底かも知れませんが、荒い値動きによって、精神が穏やかではありません。こういう時に手を出すと良い結果から遠ざかりそうです。そんなことよりも、この相場を生き残る事の方が重要です。よって、余力を蓄えつつ、当分は何もしません。見ているだけにします。
 心配なのが、今後の景気減速により、減配、優待改悪が発生することです。どうしても暴落を見ていると、そのような雰囲気を感じてしまいます。よって、株価が早期に元の水準に戻るよう祈ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

(7751)キャノンの配当利回りが5.8%まで上昇

 2020年3月に行われる第119回株主総会により配当案件が議決されると、通期での1株配当は160円となります。その場合、株価が2,750円以下だと利回りが5.8%を越える水準になりますが、株価は売られすぎなのでしょうか。

1株あたり配当額と利益

 今期の業績は前年と比較して減収減益です。特に減益幅が大きく、前期比50.5%も減っています。その結果、通期での1株利益は116.93円となり、配当支払額の160円を下回っています。このような状況が1度くらいなら、減配しないかも知れませんが、今後も減益が続くようだと現状の利回りが維持できるかどうか怪しくなってきます。

配当は維持できるのか

↓ キャノンの業績推移 (第119回 定時株主総会召集ご通知より)

 過去にも1株利益より配当額の方が大きい時(第116期)がありましたが、その後の業績は回復し、利益水準も配当を支払えるまで戻っています。しかし、変化のスピードが上がっている中で、斜陽化が避けられないプリンターやデジカメ事業が売上の約7割を占めている現状をみると、今後の業績回復には疑問です。また、アメリカ事務機器大手のゼロックスがHPを買収するこによって、キャノンのプリンター事業のシェア奪いにきています。このような出来事からも、今後の事業環境がより厳しくなることが予見されます。
 新たな成長事業として、医療分野、ネットワークカメラ等産業機器分野にも進出を図っていますが、売上規模は全体の比率からみるとまだ小さく、業績への影響は限定的です。
 2月25日に発行済み株式の1.8%を上限とした自社株買いを発表しましたが、株価への反応は今一つです。コロナショックによる地合いの悪化もありますが、業績の先行懸念も株価が思うように上がらない要因として存在するのではないでしょうか。
 よって、この先キャノンの業績が上向くことはあまり期待できません。減収減益が続くと1株160円の配当維持は困難になり、減配のリスクが意識されそうです。

 今の株価は業績及び配当懸念を折込んでいる途中であるような気がしています。スポンサーリンク