コメントを残す

スーパーマーケットのイートインコーナー

スーパーには、やや広めのイートインコーナーが設けられている店舗があります。我家でも年に数回、惣菜等を購入してイートインコーナーを利用することがありますが、その際に思ったことを記事にしました。

 

スポンサーリンク

あると便利なスーパーのイートインコーナー

イートインコーナーは当然、空調管理されている他に、電子レンジやお茶のセルフサービス等があり、惣菜等を購入するだけで一応の食事を摂ることができます。また、ラーメン等の残り汁についても廃棄する場所が設置されており、衛生面についても気を遣っています。
但し、スーパーによっては他の買い物客の視線の先にあるため、あまり落ち着いて食事ができません。スーパー側としても長居はして欲しくはないのでしょう。騒いで、長居する要因となりそうなアルコール類の摂取は、他の買い物客への迷惑にもなるため原則禁止されています。

スポンサーリンク

 

なぜ、スーパーにイートインコーナーがあるのか

嘗てのスーパーは買物をする場所であって、食事を摂るところではありませんでした。売場面積を減らしてまでイートインコーナーを設ける理由には何があるのでしょうか。幾つか考えてみました。
・食事目当ての客寄せのため
スーパーで惣菜等を購入し、イートインコーナーで食事を摂ることを目的とする客を呼び寄せることができれば、売上げの向上が見込まれます。買物が終わった後に食事を摂れるよう、設計段階からイートインコーナーを設置することを考慮していのでないかと思われるスーパーもあります。

・テナントが撤退した
パン屋や花屋さんがテナントとして入っているスーパーがありますが、何かしらの理由により撤退し、その空きスペースの活用手段の一つなのでしょうか。また、空きスペースにはゲームセンターが入る場合もあります。どちらが儲かるのでしょうかね。

 

イートインコーナーが有るのと無いスーパーで違いはあるのか

イートインコーナーがあると、その分だけ売り場面積が狭くなり、売上げ面で不利になります。更にお茶や、ゴミ処理、電子レンジの整備といった費用も掛かります。以上の現状を踏まえると、イートインコーナーの有るスーパーの商品は、イートインコーナーの無いスーパーと比較して割高であると思われます。よって、目的が食材の購入のみで、イートインコーナーを利用しないのであれば、イートインコーナーが無いスーパーで買物をした方が食費が抑えられると考えられます。なお、我家が良く利用しているパワーマートにはイートインコーナーは設けられていません。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA