コメントを残す

奥久慈憩いの森にキャンプ場の偵察を兼ねて遊びに行ってきました

 茨城県大子町にある奥久慈憩いの森にはキャンプ場も併設されています。そのキャンプ場の偵察を兼ねて、日曜日にランチを持参して遊びに行ってきました。

キャンプ場

 大子町のホームページによるとキャンプ場は運営されている様子ですが、遊びに行った日、宿泊者は居ませんでした。昼頃だったのでチェックアウトされたのかも知れませんが、テントが設営された跡も見当たらず、炊事場にあるカマドや洗い場も使用された様子が覗えませんでした。

 また、キャンプ場には蚊が多く居て、人の気配がすると直に飛んできます。近くには蚊が多いので、対策をきちんと取りましょうの旨が書かれた看板が立っていました。誰も居らず、静かな環境でキャンプが楽しめそうですが、蚊が多いと、虫刺されが気になり、帰りたい気分になりますね。よって、蚊が多い夏季のキャンプには不向きということがわかりました。なお、炊事場の水は出るので、キャンプは可能です。

↓ キャンプ場の様子

遊具

 キャンプ場付近にはアスレチック遊具があります。しかし、手入れされている様子はありませんでした。使用不可の表示は無いので、遊べるとは思うのですが、老朽化と蚊が多く居るため遊ぶ気にはなりませんでした。周囲に草が生い茂っている遊具もあり、遊ばれている様子はありませんでした。

↓ 森の中の遊具

↓ この遊具にはコケが生えていました

森林浴コース

 距離3kmくらいのハイキングコースがあったので、歩いてみました。コースが小川により流されて歩きにくい箇所がありました。また、誰も歩いていないのか蜘蛛の巣が多くありました。ただ、草刈は定期的に行われている様で、薮を突き進んでいくような道ではありませんでした。なお、ここにも蚊がいました。のんびり歩いていると刺されます。

↓ 森林浴コースの入口

↓ 小川に流されたコース部分

記念の森

 芝が手入れされており、落ち着ける場所になっています。ここでお昼にしました。

↓ 記念の森。石の彫刻が並んでいます。

森林学習館

 これまで回ってきた所には誰も居ませんでしたが、森林学習館ではカルチャー教室のような催しがあるようで、人が集まって、工作に取組んでいました。よって、憩いの森は運営されているようです。ただ、森林学習館以外は、人の気配が無く、全体的に寂しい雰囲気でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA