コメントを残す

水戸交響吹奏楽団 第22回定期演奏会に行ってきました


 北山公園桜祭りで水戸交響吹奏楽団の演奏を聞き、その際に定期演奏会がゴールデンウィーク中に水戸市で開催されることを知りました。

 入場料は大人1人500円、中学生以下は無料と、手軽な値段で吹奏楽に触れられることから、演奏会が開催されるザ・ヒロサワ・シティ会館(旧茨城県立県民文化センター)へ行ってきました。

演奏会の様子など

・14時開演にあわせて、13時40分頃に開場に到着しました。車で行きましたが、駐車場渋滞は10分程度でした。その段階でも駐車場には未だ余裕がありました。

・大ホールに集まった来場者はざっと見たところ6~7割。初めて演奏会に行きましたが、予想より多く、良い席は既に埋まっていました。ステージが良く見える席に座りたい場合は、少し早い時間に行ったほうがいいことがわかりました。

・演目数は9つ。途中に15分の休憩があります。演奏会の時間は、最後のアンコールを含めて約2時間でした。

・客層は良く、演奏中の私語や出歩きは、ほぼありません。演奏に集中できます。また、拍手も大きく、曲によっては手拍子も入り、演奏会を盛り上げます。

演奏会の感想

 入場料が500円と安いので、演奏には、あまり期待していませんでした。しかし、70名以上の大人数によって奏でられる曲に圧倒されます。他にも演奏中のソロパートによる見せ場や、ひたちなか市長の応援スピーチ(ひたちなか市長と指揮者は高校時代の同級生)などがあり、会場は大いに盛り上がりました。

 入場料500円、中学生以下無料では、収容人数1500人のホールでは大した売上にならず、ホールを押さえたり、楽器を維持するための経費にもならないでしょう。この規模の演奏会なら、もっとお金を取るべきなのに安すぎです。よって、本演奏会の目的を吹奏楽を通した文化・教養の向上と解釈しました。音楽が好きな4歳の娘にも良い経験になったでしょう。また、機会があれば行きたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA