コメントを残す

水戸偕楽園の梅祭りに行ってきました

梅の花は夜から明け方にかけて香りが強くなるという話を聞きました。日中、梅の花を見ても香りを感じたことは無かったので、どのような香りなのか気になりました。そこで、ある平日の19時過ぎにふと思い立ち、ライトアップされた梅を観に自転車に乗って行ってきました。梅祭り会場に到着したのは20時過ぎでしたが、平日という事もあってか人は疎らでした。

梅の開花状況

見たところ、ほぼ満開です。確かに、梅の花の香りを感じました。香りは、表現すると透き通った感じです。香水を付けている方も、梅の香りがすると言っていたので、かなり強い香りなのでしょう。

↓ 満開の梅

ライトアップ

梅の花が映える通路はライトアップされており、歩きながら梅の花を楽しめます。ライトアップされている範囲は広く、30分以上かけて歩いて見ても全てを観て回れないくらいです。

コートを着てこなかったので、歩きながら観ているうちに寒くなってきました。その日の21時頃の外気温は10℃でしたので、3月にしては暖かい方ですが、じっくり観て廻るのなら厚着をしていきましょう。

平日ということもあり、人の往来は疎らです。通路にカメラを載せた三脚があっても、気にならないくらいでした。

露店はあまり営業しておらず、ライトアップの終了する30分前の20時30分頃には店じまいを行っていました。盛り上がりには欠けていますが、静かに梅を観賞するなら平日夜が良いですね。

↓ 千波湖を見下ろせる場所から見た水戸の夜景

↓ 竹もライトアップされています。梅の花が「陽」で竹林が「陰」を現しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA