コメントを残す

水戸市民吹奏楽団 第38回ファミリーコンサートに行ってきました

 年1回行われる水戸市民吹奏楽団によるファミリーコンサートに初めて行ってきました。入場料は無料なので、料金はザ・ヒロサワ・シティ会館(旧茨城県立県民文化センター)の駐車場料金のみでした。

演奏会の様子

・大ホールに集まった来場者はざっと見たところ6~7割。開演30分前にホールに入れば、ステージが良く見える席を確保できます。

・未就学児用の席がホールの出入口扉近くに設定してあります。途中で飽きが来て騒いでも、ホールから出られるように配慮されていました。

・演目数は5つ。途中に15分の休憩があります。演奏会の時間は、最後のアンコールを含めて約2時間です。

・入場無料ですが客層は良く、未就学児が騒ぐようなこともありませんでした。また、曲に合わせた手拍子も入り、演奏会を盛り上げます。

演奏会の感想など

 入場無料ですが、内容はお金を取っても良いのではと思えるほど充実していました。司会を務めたのは見澤淑恵で、演目「ジブリ特集」でのモノマネを用いたナレーションが見事でした。また、指揮者、演奏者も変装したり、ダンス披露したりして会場は大いに盛り上がり、2時間が短く感じました。

 ファミリーコンサートということもあり、広い世代に親しまれている曲が演奏されているので、家の子供(4歳)も手拍子を入れながら最後まで楽しめました。また、吹奏楽をより身近に感じられるよう、 事前に応募した観衆から、抽選で選ばれた2名が水戸市吹奏楽団を指揮できる貴重なイベントもありました。勇気を出して応募した方にはプレゼントがありました。中身は何だったのでしょうか。

 次の公演は来年1月に予定されています。半年以上先ですが、一度行ってみる価値はあると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA