コメントを残す

瀬波温泉 大観壮せなみの湯に宿泊

日本海に沈む夕日が観たくて、新潟県の瀬波温泉に宿泊しました。事前に調べた天気予報によると、当日は好天であり日本海に沈む夕日がバッチリ観られるはずだったのですが・・・

スポンサーリンク

遥々新潟県に行ったきっかけ

職場で勤続20年を達成した記念に3万円分の旅行券を貰いました。旅行に行かずに売却すると、所得と見做されるため、どこかに旅行に行く必要がありました。我家の場合、旅行券3万円は結構な金額になりますので、その分奮発し、初めて家族で遠路遥々、新潟県まで行ってみました。

 

大観壮せなみの湯

案内された部屋は13畳の和室でした。そして大きな窓からは、日本海が一望できます。また、コーヒーチケットが貰えたので、1階のロビーで海を観ながらコーヒーや紅茶を飲むことができます。

↓ 案内された部屋

↓ 部屋からの眺め

また、海側には足湯があり、日本海を近くに感じながら温まることができます。

↓ 足湯 入る際にはタオルを持って行きましょう。

温泉は、檜風呂と、大浴場(岩風呂)と2箇所あります。どちらも潮騒を聞きながら入浴でき、ゆったりした気分を味わえます。
夕食は、個人ごとのコース料理とは別に、一部天ぷらやサラダがビュッフェ方式で提供されていました。なので、子供(3歳)の分はビュッフェの方でほぼ賄えました。

↓ 火にかけても燃えない紙の鍋が珍しく感じました。中身は普通の鍋です。

スポンサーリンク

肝心な夕日は観れたのか

いよいよ夕日が日本海に沈むとき、温泉に浸かりながら、或いは家族揃って部屋で夕日を眺めるか、どちらにしようか迷ったのですが、部屋から夕日を眺めることにしました。しかし、いよいよ夕日をという肝心な時、雲に太陽が隠れてしまいました。やがて辺りが暗くなり、夜になりました。。

↓ 日本海に沈む夕日は残念ながら観られませんでした。

↓ 夕日が観られたのかの判定ですが、結果は「否」でした。前日は夕日が観られたみたいです。

大観壮せなみの湯 感想など

目的だった夕日は観られませんでしたが、部屋からも、温泉からも日本海が良く観えて、気分がリフレッシュされました。夕日が観られなかったので、どこかでまた行きたいと思えるホテルなのですが、自宅から車で5時間以上掛かるため、行くのは容易ではありません。
なお、宿泊プランは、大人1人16,700円(平日、金曜日)。また、幼児は施設利用料として別途3,240円が掛かります。職場から貰った旅行券3万円だけでは足りず、6,640円足が出ました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA