コメントを残す

第50回 吉田幼稚園発表会

茨城県水戸市にある吉田幼稚園の発表会に行ってきました。9時から始まり、昼休みを挟んで全プログラムが終わったのは16時でした。園児たちは相当頑張って取組んでいた模様です。我が子も全て終わった後には緊張が解けて安堵した様子でした。以下に当日の様子をまとめました。

発表会

・プログラムには劇が3つ、お遊戯が約20、合唱及び合奏が6つあり、年が上がる毎に完成度は上がっています。

・これらのうち1人の園児が参加するのは、お遊戯又は劇を1つ、合唱及び合奏を1つです。

会場

・水戸市文化センター大ホールで行われました。駐車場への到着時間が8時前だと余裕をもって駐車できます。(吉田幼稚園ですと伝えると、通常410円のところを200円で駐車できます。)満車になると他の有料駐車場辺に案内されます。

・大ホールは1500席以上ありますが、園児、兄弟、保護者、祖父母が来場するため、ほぼ満席でした。

・昼食は大ホールで取ることはできず、別に押さえている部屋で取ることになりますが、広さには限りがあります。駐車場に戻り、車内で取る人も多く居ました。

・ロビーに幾つかある席は場所取りされていました。早い者勝ちなのでしょうか。いいのかどうかは分かりませんが。

観賞

・最前列から2列までは、発表を行う園児の親が優先して着席できます。前の発表が始まったら待機場所へ並び、我が子の発表が終わったら席を次の人に譲ります。

・席順はステージからみて、年長、年中、年少になっています。年少は後ろの方なので、最前列にある保護者観賞席は競争が激しくなりがちです。

・午後1番に始まるステージは、昼休みが終わる前に最前列の保護者観賞席を押さえておかないと、満席になる場合があります。(午後は合唱及び合奏があり、1回の発表に約60名の園児が参加するため、保護者の数が座席数を大きく上回ってしまう)。前列での撮影を頑張る方はランチを短時間で済ませましょう。

・園児と保護者の移動が発表毎にあるので、座席間での移動が多くあります。ゆったり席に座って落ち着いた環境での観賞は難しいです。仕方ないですね。

その他

・サプライズで伊藤真里奈さんが口笛を吹きながら登場しました。吉田幼稚園出身だそうです。これは記念すべき50回目の発表会だから奮発したのでしょうか。毎回このようなサプライズがあるとワクワクします。

・最後に先生の発表がありました。かなり練習されているようでした。しかし、ステージから遠い年少席では残念ながら音があまり良く聞こえませんでした・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA