コメントを残す

(3252)日本商業開発で高利回り運用を目論む

 日本商業開発の株式を1株あたり1,500円で300株購入の場合、株の買い付け金額45万円に対する、配当金(16,500円)と株主優待(6,000円)を合算した利回りは5%になります。株主優待は有効期限が無く、お釣りも出るジェフグルメカードなのもポイントです。

配当及び株主優待

 配当金は3月末権利のみで、1株あたり55円を予定しています。

 また、株主優待のジェフグルメカードは、3月及び9月末権利で、それぞれ3,000円分づつ受取れます。ただし、条件として「毎年3月31日及び9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主さまで、下記に記載する株式を保有されている株主さまを対象といたします。 」と日本商業開発のホームページに明記されています。これを文面どおり解釈すると、今株を買って、9月末の権利を得ても、12月には配当も優待も貰えません。配当・優待を得られる時期は翌年3月末権利による6月になります。先は長いです。

今買いを検討する理由

 株価が底値圏にあると考えているからです。主要都市部を中心とした不動産投資は好調で、2019年度の売上高は過去最高の水準です。また、米国ロサンゼルスに不動産を取得しており、海外への進出を図っています。また、2020年度の業績見通しも強気であるため、株価の値上がりが見込めます。

 一方で、所有する不動産と借入金(借入れ期間は10~30年と長期ですが、安心はできません。)の残高は拡大を続けており、不動産が収益を生まなくなる、借入金の金利負担が増加するといった業績への懸念もあります。

 リスクを限定するため、保有株数を300、時価45万程度を配当・優待目的で買い付け、しばらく様子を見ることにします。過去に保有していたこともありますが、株価が値上がりしないので売却しています。最近の株価は、その時よりも安くなっているので、個人的に、お買い得感があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA