コメントを残す

(4927)ポーラ・オルビスHDから2019年12月期分の株主優待が到着

 ポーラ・オルビスホールディングスを100株保有しています。今回、初の権利を取って株主優待はPOLAボディシャンプーを選択しました。POLAの高級シャンプーは嫁さんが使っています。使用感を聞いたところ、泡立ちが良く気に入ったとのことでした。

POLA化粧品

 POLA化粧品は肌のエイジングケア、ホワイトニングに強みを持っています。
 よって、優待品のボディシャンプーも、使うことでお肌に何らかの効果が現われてくるのでしょうか。効果が実感できればPOLA化粧品は魅力的であるとの認識ができ、多大な含み損を抱えているポーラ・オルビスHD株を握り続けることが出来そうです。

業績は低迷、株は塩漬けに

 4月28日に業績見通しを下方修正したことで株価は大幅に下げました。更に緊急事態が1ヶ月程度延長されそうだというニュースも株価の下押し材料になった気がします。
 主力のPOLA化粧品は、百貨店の店舗等でビューティーディレクターを通じた一般顧客への販売で売上をあげています。緊急事態に伴う自粛が長引けば売上が激減する事は自明です。
 また、旅行も当分の間は控えられるでしょうから、インバウンド需要も蒸発しています。更に世界の景気回復が遅れると、旅客需要も回復せず、業績の回復期待は厳しくなります。
 オルビス化粧品は通信販売も行っていますが、商品が中低価格であることから利幅は望めません。
 このような状況が長引くと、POLA化粧品等を店頭で販売するビューティーディレクターが離職してしまい、コロナ後に化粧品需要が回復しても販売要員が十分確保できず、商機を失う事態も想定されます。
 よって、当面の業績悪化は避けられないとして、株価は値上がりしにくい状況が続くと考えます。
 配当金は、方針として配当性向を利益の60%以上と定めていることから、現在の業績見通しによると1株当たり23円程度。配当利回りの魅力度低下は避けられそうにありません。残念ながら暫くの間は優待(廃止しないで欲しい)を受けながら耐え忍ぶ日々が続きそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA