コメントを残す

(6506)安川電機が2019年3-5月期決算を発表

 7月11日の引け後に発表された、第一四半期の決算内容は、売上高が前期比16.2%減、営業利益は前期比58.2%減となり、世界的にサーボモーターやロボットへの投資が落ち込んでいることが浮き彫りになりました。さて、この決算を受けて明日以降の株価はどのように動くでしょうか。

これまでの株価の動き

 2019年1月、4月に発表された決算後の株価の動きを振り返ります。決算内容は何れも業績の減速を示しており、先行きが危ぶまれるものでしたが、決算を通過した後の株価は上げています。

 特に直近の4月11日に発表された決算後の値動きでは、高値圏であったにも関わらず、あの決算でも、寄り付きこそ安く始まりまったものの、その日のうちに値を戻しました。そして数日掛けて更なる高値を取りに行きます。このとき、自社株買いも合わせて発表されていますが、小規模であり株価への影響は限定的であったと考えます。この値動きの背景には、米中貿易交渉への楽観的な見通しがあったのでしょうか。

 しかし、ゴールデンウィークに入る前から株価は値下がりし始めます。理由は米中貿易交渉激化による経済減速懸念でした。このまま一方的に株価は下げ続けるように思われましたが、6月上旬には、6月末に行われたG20の成果期待から株価は底打ち反転、G20で米中貿易交渉の協議再開が発表されると、株価は大きく上昇します。米中貿易問題が抱える課題は解決していないのに、このときは、良い雰囲気だけで株価が動いているようでした。

 一方、先週から株価上昇の勢いが弱くなっています。これには決算内容への警戒感が現われているものと思われます。

これからの株価の動きを予想

 今回の決算では、3-5月期の実績は悪いものの、通期業績見通しは据え置きのままです。この数字で下方修正を出さない理由が分からないのですが、内部関係者から見ると、先行きの見通しは明るいのでしょうか(確かに受注残高は底を打ったように見えますが)。また、この業績に対しても、強気姿勢を貫いていることで、市場から前向きな評価を得られる可能性もあります。

 今のところ米中貿易問題に係る新たな火種は出ていないため、市場では良い雰囲気が保たれていると考えます。更に、これから顕在化する人手不足を解決する一手として、ロボットへの投資が進むことも認識されており、株価も徹底的に売込みにくい状況にあると思います。

 以上のことから、明日以降の株価の値動きですが、寄り付き後の値下がりは限定的であり、下げ止まり後、業績の底打ち、回復期待から買われる展開を予想します。寄付きからの値下り幅は、決算前の値動きで、どれくらい決算内容が織り込まれているのかに拠るため、注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA