コメントを残す

(6875)メガチップスの株価は底を打ったのでしょうか

 以下の理由により、株価の値上がり益を目的として、特定用途向け半導体の販売を行うメガチップス株を買っています。

 米アップルによるメガチップス子会社SiTimeへの関与が思惑材料となり株価の値動きが、底打ち反転しました。しかし今現在、思惑以上の材料は出ておらず、株価は足踏み状態を続けています。

 更に株価を押し上げるためには、具体的な業績の裏づけが必要になりそうですが、利益の方は捗々しくなく、ここから株を買っていけるための説得力に欠けています。

 利益率が低いのは、買収した子会社の「のれん償却費」が大きいこと、製品開発のために計上している多額の研究費が売上費用の増加要因としてあげられますが、それら費用をカバーできるほど売上に対する粗利益率が高くないことが課題としてありそうです。この状況だと、株を買う理由は無いように思われますが、以下の理由により株を買いました。

 メガチップスでは、新しい電子部品を開発することによって、今後市場の拡大が見込まれる、5G通信分野や、自動運転に対応した自動車分野への進出を図っています。ですが、それら成長分野でも競争は発生しており、魅力的な製品を供給できなければ新分野への進出は思うようにいかなくなります。当然、魅力的な商品を作るためには、多額の研究費が必要になってきます。そのため、利益は手元に残りにくくなり、借入金も年々増加傾向にあります。

 一見、借金まみれの低収益企業に見えますが、私はこれを「夢」を追いかけている途上であると思いました。このままの業績がいつまでも続くと、借入金が嵩み資金繰りが悪化するのは明らかですが、それでも研究を重ねて新分野へ進出し、成功を収め、任天堂への業績依存から脱却するという夢をあきらめない姿にも見て取れます。もし、この夢が実現したなら、投資家も大きな利益を得ることができるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA