コメントを残す

(6907)ジオマテックから2019年度分の配当金が入金されました

 期末配当として、1株あたり15円の配当金が振り込まれました。これで、2019年度も今まで通り、1株あたり30円の配当になりました。しかし、本業の利益は出ておらず、支払い配当額が利益を上回る年が続いています。今後の配当はどうなるのでしょうか。

配当と利益

 ジオマテックの年間支払い配当額は、約2億40百万円になります。それに対して、最終利益は以下のとおりで、この有様を見る限り、減配の可能性は年々高まっているように感じます。

過去の利益または損失(△は赤字)

2016年度 39百万円

2017年度 △22億66百万円

2018年度 79百万円

2019年度 △10億20百万円

 赤字幅が大きかった2017年度でも、1株あたり30円の配当を維持しており、過去に減配されたことは稀です。配当額は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会で決議され、決定します。よって、業績には連動しませんが、財務が危うくなれば、減配の可能性は高まります。

業績の回復は当分先なのか

 メイン事業であるスマートフォン向けのパネルの売上が年々落ちています。設備投資の回収見込みが立たず、減損処理を行うほど状況は思わしくありません。従って株価も下値をフラフラしています。

 業績回復のきっかけを探るべく、車載・建材・半導体など新市場への展開、新規製品の開発を進めています。今年6月に新製品であるg.mothが発表されると、業績への期待から株価は大きく値上がりします。しかし、業績への寄与度が大きくないことが市場に認識されると、株価は元の水準に戻されてしまいました。

 新たな収益源への模索は継続して取組んでいますが、短期間で大きな利益に結びつく開発には至っていません。株主としては、財務が悪化する前に、コツコツと利益を生む新製品の開発に成功して欲しいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA