コメントを残す

(7148)FPGが東海東京証券の投資判断格下げにより株価急落。株価が安い所で買いたい

 売上高利益率(経常利益率 約54%)、配当利回り(約5.5%)共に高く、更に株主優待(UCギフトカード)があるFPGですが、11月26日に東海東京証券が投資判断を格下しました。これにより株価は急落。配当・優待目的であっても個人的に安心して買える株価水準になってきました。

東海東京証券による投資判断格下げの要因

 FPGの利益を最も稼いでいるリースアレンジメント事業における手数料率の低下、及び多角化事業の一環である保険事業の規制強化による減速が投資判断格下げの要因として挙げられています。目標株価は、2020年9月期の業績が小幅増益に留まるとの見通しにより1,650円→1,100へ引き下げられています。現在の株価は1,100円を下回って推移しているので、東海東京証券の投資判断が的確だと仮定するなら、売られすぎです。

悲観するような内容ではありません

 リースアレンジメント事業における手数料率の低下ですが、2019年度の事業報告によると、売上高は約208億円(前年度比9.5%増)で好調です。また、収益を生み出すリース事業組成金額も過去最高となる5,381億円(前年度比25.7%増)となっており、投資家からの需要は旺盛です。そのため、2019年度が絶好調なので、翌2020年度の業績は、現状維持の傾向となり小幅な増益に留まるというシナリオも有り得るでしょう。ですが、そんなに悲観するような経営状況なのでしょうか。

また、保険事業ですが2019年度の売上は約9億円でした。前年度比25.1%減と振るいませんでしたが、全体の売上比率からみれば影響は小さく、投資判断格下げの大きな要因にはなり難いと考えます。

投資判断

 株価は短期的に上がりにくいですが、高い利益率と配当利回りによって下値も限られていると考えます。FPGの株主還元政策には、高い株主還元の実現を目指すことが掲げられている為、2020年度が小幅増益であっても増配される可能性があります。よって、リースアレンジメント事業の長期的な拡大を見越して、株価が安くなっている今のうちに、配当・優待・値上がり益を目的とした長期保有での「買い」を検討します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA