コメントを残す

(7148)FPGは2020年度の予定配当を満額支払い可能なのか

 予定通り1株当り60.1円の配当が支払われる場合、配当利回りは11%を超えて、不動産投資並みの利回りになります。高利回りに釣られて「買い注文」を入れたくなりますが、果たしてこの高利回りは現実的なのでしょうか。

業績面での検証

 過去の業績を2007年度から追ってみました。業績はリーマンショックや東日本大震災による影響を受けても、赤字転落には至らず、黒字を確保しています。また、利益面でも一時の落ち込みはみられるものの、概ね右肩上がりで推移しています。
 この業績推移に関し、事業の中核を担う税金繰延べを目的としたオペレーションリースは、相当儲けているお金持ちの方が顧客であることが覗え、彼らは不況が到来しても、お金持ちの座を維持していると考えられます。
 以上のことから今回のコロナショックのケースであっても、節税したいお金持ちは一定数存在すると想定されます。よって、オペレーションリース需要の大幅な減少は無く、業績が大幅に悪化する可能性は低いと考えます。
 会社四季報春号の2020年度業績予想によると、経常利益は145億円。仮にこの水準が維持できるならば、1株当り配当60.1円は問題なく支払えます。

FPGの2007年度からの業績の推移

会計年度   売上高  経常利益 (単位:億円)
2007   5.0   2.3
2008   9.0   4.4
2009   8.6   2.4 リーマン・ショック
2010  16.2   7.7
2011  20.0   9.7 東日本大震災
2012  28.0  13.9 
2013  40.0  20.0 ここから連結決算2014  62.6  32.6
2015 153.1 100.5
2016 188.9 119.1
2017 210.7 137.1
2018 220.4 126.2
2019 266.0 144.0
2020予243.0 145.0

財務面での検証

 配当金は、利益剰余金から支払われています。2019年12月31日の状況では、利益剰余金は236億円あります。1株配当を60.1円とする場合、配当の支払い額は約50億円となり、支払は可能です。
 ただし、現預金は211億円ありますが、これは3か月分の運転資金とほぼ同額です。現金に余裕がある訳ではないので、利益が無い場合、配当を支払うことで財務が悪化します。よって、ある程度の利益を出せないと、仮に満額配当を受取っても、株主としてあまり歓迎できないものになるでしょう。

現状での投資判断

 過去の業績、財務だと配当は有りそうです。
 しかし、株価をみると2019年11月に投資判断の格下げがあり、その中身はリース事業の手数料率の低下、多角化事業の中核となる保険事業の規制強化による減速が要因として挙げられていました。本件を受けて、業績が安定成長から踊り場に移ったと捉えられて株価は値下りしています。更にコロナウィルスの影響から人・モノの動きが滞り、航空、海運の動きも連動して不活性化していることから、オペレーションリース事業が相当停滞している懸念があります。
 もし、業績が悪く、無配になった場合、他の金融銘柄と比較して純資産倍率(PBR)に割高感が未だ残っており、更に大きく株価が調整する局面があるかもしれません。
 長期の視点では買いでも良いのでしょうが、短期的には業績懸念による株価の値下りも想定されます。
 株価が更に値下りしても追加で株を購入できる余裕があるなら買いで入りたい銘柄です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA