コメントを残す

(7819)SHO-BIから株主優待品が到着

 令和元年の12月15日に届きました。300株以上を3年以上継続保有しているので、3千円分の自社企画商品に加えて自社選定商品を受取りました。

優待品

 自社企画商品は、「大人のまつげ美容液」と「おやすみ中の針状ヒアルロン酸マスク」でした。なお、ヒアルロン酸マスクは1回分の分量です。この構成で3千円分もあるのだろうか・・・というのが開封した時の感想でした。メルカリでは千円で売買が成立していました。

 また、3年以上継続保有することで受取れる自社選定商品はパリム(シェロ)のカタログギフトでした。中身の選べる商品価値は、当方の感覚で千円程度でした。

業績から優待品を考察

 SHO-BIは化粧雑貨に注力しています。よって、株主優待品も化粧雑貨でした。

 しかし、業績面では売上高が減少傾向にあるため、業務効率化等による費用削減によって利益を確保している状況です。この状況を打開するべく、値段ではなく、商品の品質を訴えていく方針を打ち立てました。社名も2020年1月1日にSHO-BIから粧美堂に変更し、ブランド化を推進します。

 以上から、ぱっと見た目では物足りなく感じた優待品ですが、実は高機能商品で、それなりの価値を有しているということになります。一度使ってみると案外良品なのかも知れません。我家では嫁さんが使うと言っています。

 化粧雑貨の高機能化が一般に広く受け入れられるなら、売上が伸びて利益が出ます。直近のSHO-BI株の値動きは緩やかに上昇しているように見えます。これは、化粧雑貨の高機能化への取組みが市場から一定の評価を得ているようにも受取れますが、当方としては買値を上回って欲しいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA