コメントを残す

(9943)ココスジャパンが株主優待休止を発表

業績の下方修正と株主優待の休止を4月15日に発表しました。発行済み株式数の6%に相当する自社株買いも併せて発表しましたが、材料的に株主優待休止のインパクトを上回ることは出来ず、その後の株価は大幅に値下りしました。株主優待目的で持っていましたが、優待が無くなるのには困ったものです。ここは一旦損切りするべきなのでしょうか。

発表内容の整理

・株主優待は今年3月末の権利分は休止対象外。休止されるのは9月末権利以降。

・自社株買いは株数:百万株、金額:20億円が上限。金額で計算すると1株2,000円。

・業績は売上減少・人件費上昇等によるコスト高により減収・減益となり、過去の業績と比較すると、黒字であるものの相当悪化している。

・配当利回りで評価すると、1株配当予想は14円なので、株価を1,650円とした場合の配当利回りは0.8%。

どうするべきか

・売り目線の考え方

利回り0.8%以上の銘柄は多数ある。また、業績懸念により株価はどこまで下落するのか読めない。従って、より良い運用を行うため、売却して他の投資対象に資金を移す。

・買い目線の考え方

1,650円で株を買い、業績の回復及び株主優待の復活を待つ。その場合、期待できる配当優待利回りは、100株保有だと2.1%。その頃には株価も回復していることから値上がり益も期待できる。

・ココスジャパンの姿勢

株主への利益還元は最重要事項であることを認識しており、株主優待制度の再開に向け尽力する。

・以上を総合すると

株主優待の休止は、株価か大きく値下りすることが想定されることから、経営陣にとって相当苦しい決断であったと思われます。自社株買いを行うことから、株主軽視ではない事は分かりますが、優待の復活時期は業績によって決まるため、明るい見通しは立ちにくい状況であり、現状の認識では暗いトンネルに入ったばかりです。

よって、合理的な投資行動なら売りだと考えます。相場全体が活況を呈している今が売り時でしょう。状況が変われば更なる値下り懸念が生じてきます。しかも自社株買いによる買取価格は、私の買値以下あり、子供が遊んでいたドラえもんの塗り絵が廃止されるのも個人的に悪材料です。

しかし、ココスが好きで応援できる心理的余裕があるのなら、保有継続、或いは買い増しになることも有りかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA