コメントを残す

2019年2月末の資産状況

2019年2月末の資産状況です。今月は米中貿易懸念、景気先行き懸念から株価は下落すると思っていましたが、意外にも強い値動きでした。そのおかげで信用売り玉の含み損が拡大しました。

私の証券口座

2019年2月末の現物株の含み損益
△242,047円
前月比:74,327円

2019年2月末の信用取引分の含み損益
△3,141,800円
前月比:△1,821,300円

今月はプラスに転じる見込みでしたが、含み損が拡大しました。主に売り建てしている安川電機(6506)、キャノン(7751)の含み損が増加しています。それでも一時、含み損は500万以上まで膨らみましたが、月末に向かって回復してきました。ピークは過ぎたのでしょうか・・・そろそろ過ぎて欲しいです。

2019年2月の取引

利益 336,864

今月の利益は、昨年12月の株価急落の際に仕込んでおいたアダストリア(2685)、大成ラミック(4994)、メガチップス(6875)の利益確定によるものです。

平成31年度の損益(配当金、NISA口座を除く)
1,017,265

2019年2月の受取配当金

0円(税引き後)

今月も先月に引続き配当なしです。

平成31年度の受取配当金(税引き後)
0円

妻の証券口座

2019年2月末の現物株の含み損益
△914,285円
先月比 △77,273円

含み損益は先月と比べて小幅な変動でしたが、相場の下落を見越して買いを入れた「ダイワ上場投信-TOPIXダブルインバース(-2倍)指数(1368)」が、いまのところ裏目に出ており、含み損に影響しています。

2019年2月の取引

利益・損失の確定なし

今月は株価の行方を見守るのみです。

平成31年度の損益(配当金を除く)
 72円

2019年2月の受取配当金

162,078円(税引き後)

タカラレーベン・インフラ投資法人 投資証券 (9281)から配当です。こちらはNISA及び一般口座で保有している分が入金されています。

平成31年度の受取配当金(税引き後)
162,078

生活費に充当されます。

2019年2月末の資産状況 まとめ

今月も複数銘柄の利益確定により利益を伸ばせました。しかし、信用売り玉の含み損が大きく、心が晴れません。待っていれば含み損が含み益に変わるような気がしているのですが・・・どうなることやら。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA