コメントを残す

2019年4月の家庭菜園の様子① 育苗と種まき

4月になり、暖かくなってきたので、種まきを行いました。また、育苗している苗と、3月に埋めたジャガイモの様子です。
昨年種を撒いたニラも2年目に入りました。いつの間にか芽を出し、草丈20cmくらいまで育ちました。

枝豆とネギの種まき

枝豆は種まきから2~3ヶ月で収穫できる品種です。枝豆の根に根粒菌が寄生することで、地中に窒素を固定します。枝豆を収穫した後にネギの苗を植えて、ネギの苗が枝豆根粒菌が残した窒素を吸収して、すくすく育つ計画です。

↓ ネギの苗床。牛乳パックを再利用して作りました。品種は「なべちゃん」。下仁田ネギと一本ネギを交配させたもので、甘くて柔らかい美味しいネギです。種袋に書いてある通りに上手くできるでしょうか。

↓ 枝豆の種を入れたポット。ポットは再利用しています。品種は「中早生白毛」。去年の種の余りです。地温が20~30℃になると発芽するので、暖かいところに置きます。また、枝豆の苗を育てるために、鳥・虫避け目的で寒冷紗を設置しました。

カボチャとサツマイモの育苗

↓ カボチャの苗。品種は「九重栗」。ホクホクで栗のように美味しいカボチャができます。種は7粒入りで200円くらいだったので、割高な気がします。育てたカボチャから種取りしたいところですが、交配種(よく育つのは1代きり)なので、残った種を大事に保管します。今回は2粒まいて、2つとも発芽してくれました。真ん中にある大きい苗は、畑に撒いた堆肥に含まれていたカボチャの種が発芽したものです。スーパーで買ったカボチャなので品種は不明ですが、試しに育てています。

↓ サツマイモの苗。ペットボトルで温室を作り、3月上旬から室内で育てています。6月中にジャガイモを収穫→跡地にサツマイモ苗を植える計画です。種芋は昨年不作だった「紅はるか」の小さいものです。小さい種芋でも芽の数は7本程あります。

ジャガイモの様子

↓ 全ての種芋から芽が出ました。もう少し大きくなったら芽かきを行います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA