コメントを残す

2019年5月末の資産状況

 2019年5月末の資産状況です。米中貿易戦争懸念による市場下落により、先月まで大きな含み損を抱えていた信用売り玉が含み益に変化しました。

私の証券口座

2019年5月末の現物株の含み損益
55,220円
前月比:1,037,830円

2019年5月末の信用取引分の含み損益
2,662,100
前月比:14,204,700円

 現物株が含み損から含み益に変ったのは、(1357)日経ダブルインバース上場投信を買い付けていたからです。個別株は含み益が減少、或いは含み損になっています。

 信用取引分については、安川電機(6506)の株価下落により、含み損から含み益に変りました。また、5月に売り玉を増やした(9107)川崎汽船も含み益に寄与しています。

2019年5月の取引

利益 113,210

 今月は、(1357)日経ダブルインバース上場投信を一部利益を確定したものです。その後、安くなったところで再び買い入れています。

平成31年度の損益(配当金、NISA口座を除く)
818,510

2019年5月の受取配当金

93,849円(税引き後)

 (7445)ライトオン、(2685)アダストリア、(9945)プレナス、(3492)タカラレーベン不動産投資法人から配当金の入金がありました。中でも(3492)タカラレーベン不動産投資法人はニーサ口座で持っているので、配当収入がかさ上げされています。

平成31年度の受取配当金(税引き後)
568,774

妻の証券口座

2019年5月末の現物株の含み損益
△1,331,540円
先月比 675,330円

 個別株の含み損は増えていますが、(1368)ダイワ 上場投信-TOPIX Wインバースが値上がりしたため、含み損益が先月より改善しています。

2019年5月の取引

利益 1,244円

 配当目的で試しに買い付けた(7751)キャノンを薄利で利益確定したものです。未だに持ち続けていれば含み損でしたが、今回の取引については上手く損失を回避できました。

平成31年度の損益(配当金NISA口座を除く)

2,425,054円

2019年5月の受取配当金

93,849円(税引き後)

 受取配当金の詳細は私の証券口座と同様です。

平成31年度の受取配当金(税引き後)
465,899

2019年5月末の資産状況 まとめ

 今月は相場全体が値下りしたことにより、口座の含み損益の状況が大きく改善しました。この流は当分続きそうなので、更に利益が伸びるであろうと妄想を膨らませています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA