コメントを残す

2019年6月に権利を取った銘柄一覧

 我家にとって貴重な収入の1つである配当・優待。9月頃に受取れる果実はどれ程のものなのか、整理しました。なお、権利を取った銘柄の本日の株価は、相場全体の値下りの影響も受け、その殆どが値下りしています。

(2702)日本マクドナルドホールディングス

 6月分の権利ではハンバーガーなどの無料引き換え券のみで配当はありません。12食分を受取る見込みです。

(2762)三光マーケティングフーズ

 業績が怪しく、明るい先行きが見通せませんが、優待権利を得るために1回目の株主名簿に記録されました。12月の株主名簿に載り、翌年6月の権利を取れば優待が貰えます。それまで株主優待制度が廃止されないことを祈ります。果たして優待のカレーを得られるのでしょうか。業績の推移から、配当の見込みは当分無さそうです。

(2914)日本たばこ産業

 配当金30,000円、それに自社製品2,000円相当を2つ受取れます。6月権利の優待は今期で最後になります。今後は12月権利に一括されます。郵送料節約の為でしょうか。

(3140)イデアインターナショナル

 配当金1,600円と、選べる商品18,000円分を2つ受取れます。それにしても権利落ち後の株価値下がりが著しいですね。この銘柄に関しては、売り玉も建てておきました。

(3154)メディアホールディングス

 配当金2,800円、QUOカード3,000円を受取れます。ジュニアニーサを含めて3名義の株を持っているのでQUOカードは3枚貰えます。(ジュニアニーサ分は配当金が引き出せないため、家計への配当収入に含めていません。)

(3197)すかいらーくホールディングス

 配当金1,800円、食事券3,000円分を2つ受取れます。人気のある銘柄である為か、権利落ち後の株価値下がりが、今のところ思ったよりも控えめです。

(3299)ムゲンエステート

 6月権利分の配当はありませんが、オリジナルQUOカード3,000円分を受取れます。こちらも、ジュニアニーサを含めて3名義の株を持っているのでQUOカードは3枚貰えます。

(8165)千趣会

 ベルメゾンお買い物券3,000円分を受取れます。ジュニアニーサを含めて3名義分を保有しています。配当は業績が回復するまで無配です。何故かこの銘柄だけ、権利落ちの翌日でも値上がりしています。

 以上をまとめると、配当収入36,200円(税込み)の他に、株主優待として、QUOカード6,000円分、すかいらーく食事券6,000円分、マクドナルドの食事券12食分、イデアインターナショナルの選べる商品36,000円分、ベルメゾンお買い物券3,000円分が今年9月分の収入になる予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA