コメントを残す

2019年6月末の資産状況

 2019年6月末の資産状況です。これまでは夫婦それぞれの資産について記載していましたが、今回より、一家の収入・損益状況を判り易くするため、夫婦合算しての記載に変更しております。


2019年6月末の資産状況

運用総額

72,078,296円

株で運用している口座の運用総額です。

2019年月末の現物株の含み損益

△3,288,620円
前月比:△2,012,300円

2019年6月末の信用取引分の含み損益

4,804,700円
前月比:△7,466,800円

 現物株の含み損が増えているのは、(1357)日経ダブルインバース上場投信や(1368)TOPIXダブルインバースを買い付けており、それら指数が値下りしたためです。(6907)ジオマテックが車載用薄膜に関するニュースで値上がりしたものの、前月比でマイナスになりました。

 信用取引分は、含み益→含み損にまさかの転落です。G20への期待から売り玉を建てていた安川電機(6506)や(9107)川崎汽船が値上がりしました。業績は良くないはずなのですが、先行期待が先行しているように感じます。

2019年6月の取引

損失10,549

 (3401)帝人の売り玉決済と(6356)日本ギア工業の現物株を売却した結果、帝人の決済損失が日本ギア工業の売却利益を上回り、今月は損失になりました。

平成31年度の損益(配当金、NISA口座を除く)
3,233,015

2019年6月の受取配当金

383,177円(税引き後)

 (6907)ジオマッテク、(8214)AOKIホールディングス他、16銘柄から配当金の入金がありました。また、QUOカード、お米券、かっぱ寿司のお食事ポイント、ハワイアンズチケット等の株主優待も充実しております。

平成31年度の受取配当金(税引き後)
1,417,850

2019年6月末の資産状況 まとめ

 6月は月末にかけて、値動きが思惑とは逆になったため、含み損益の状況が悪くなりました。来月は第一四半期の決算発表が控えています。G20で米中間の貿易に関する協議が継続されることが確認されましたが、依然として高い関税は解消されていないことから、あまり良い数字は期待できる環境ではありません。株価も高値圏にあることから、上値余地は小さいと考えているのですが、7月はどのように動くのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA