コメントを残す

2019年7月の家庭菜園① コマツナの栽培適期

 今年のコマツナは、早春から初夏に掛けて時期を分散させて種を蒔き、程よい大きさになったところで収穫していました。

 コマツナは栽培が簡単な野菜ですが、寒い時期は生育が遅く、なかなか収穫に至らず、かといって暑くなると、葉が萎れたり、害虫によって穴だらけになります。そこで、これまでの栽培経験から、適度な生育で、かつ害虫による被害を受けない、種まきに適した時期を考察します。

3月に種まき

 生育は遅めですが、5月中には収穫できます。この時期の種まきが害虫による害が最も少なく、見た目にも質の良いコマツナが収穫できました。ただし、プランターで栽培する場合、5月の暑さ(最高気温30℃)により、葉が萎れる害がありました。

↓ 虫害がなく、見た目も良いコマツナ

4月に種まき

 収穫までの間にアブラムシが飛来するようになります。程よい大きさに育ったところでアブラムシが大量発生するのも癪なので、寒冷紗を掛けて、取り付かれるのを防ぎます。

5月に種まき

 この時期に種をまくと、一月が経過したくらいから順次収穫できるようになります。しかし、害虫による害を受けやすくなり、無農薬栽培の場合、葉が穴だらけになります。アブラムシ、イモムシ、コガネムシが付き、収穫しても食べられない部分が多くなりました。収穫には少し大きさが足りなくても、害虫が付く前に収穫するのも一手かもしれません。

↓ 収穫量は多いものの、穴だらけのコマツナ

↓ 栽培中のコマツナ。この時はまだ虫害をあまり受けていません。(枝豆と一緒に栽培しています。)

 以上の結果から、害虫による被害を受けにくいことから、最も種まきに適した適期は3月ということになりました。虫が活動を本格的に始める前なら、無農薬でも見た目がきれいなコマツナの収穫が望めます。

 6月以降は動きが活発になる害虫の被害を想定して、種まきは行っていません。次は、秋冬の収穫を目指して9月以降に種まきをする予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA