1件のコメント

2020年4月の家庭菜園 アスパラガスの収穫

 4月に入り地温が上がってきているようで、アスパラガスの新芽が出てきました。

アスパラガスの収穫

 アスパラガスの根っこを植えてから4年目になります。3年目までは、出ても細い芽が多かったので収穫を控えていたのですが、ずっと待った甲斐があったのか、ようやく太い芽が出てきました。

↓ この2本の太い新芽を収穫します。新しい小さな芽が地表に顔を出しているので、収穫しても未だ新芽が生えてくることが分かっているので、安心して収穫できます。

↓ 収穫したアスパラガス。長さ20cm以上、太さも1cmは超えており、食べ応えがありそうです。

アスパラガスの試食

 アスパラガス本来の味を確かめたいので、さっと茹でたのみ、味付け無しで食べました。食べた感じたことは、味の濃さでした。普段は輸入品のアスパラガスをスーパーで購入して食べていますが、それに比べるとアスパラガスの味がしっかりと感じられます。
 どうして食味の違いを感じるのでしょうか。肥料として与えたのは生ゴミ堆肥のみ。これだけで特別おいしくなるとは思えません。他に異なる点は、鮮度です。今回のアスパラガスは朝収穫して、その日の夕食で食べました。一方、輸入品のアスパラガスは海を渡って来るので、それなりの日数が経っています。新鮮さだけで美味しさが大分変わる話しは聞いたことがありますが、それを実感したことになりました。
 また、無農薬であり、自分で栽培した(基本、放置でした。)ということも美味しく感じる要素になっています。

↓ 今回収穫できたのは、たった2本でした。食卓に出しても直ぐ無くなる量です。今のところ収穫可能なアスパラガスの木は雄、雌1本ずつの計2本です。更に収穫量を増やす為、昨年より種から育てたアスパラガス苗を7本追加で畑に移植しました。気の長い話ですが、順調に育てば再来年に収穫できるでしょう。

スポンサーリンク

2020年4月の家庭菜園 アスパラガスの収穫」に1件のコメントがあります

  1. 俺アスパラガス好きで、季節になったら毎日いただいております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA