コメントを残す

(3539)ジャパンミートから株主優待の「肉」が到着

我家では、私と妻とで(3539)ジャパンミートを500株ずつ保有しています。株主優待は500株持っていると3,000円分の自社商品(肉)を受取ることができます。さて、どんな肉が届いたのでしょうか。

スポンサーリンク

ジャパンミート株主優待 3,000円分の中身

発泡スチロールの箱に入ってきました。中身の肉は全て冷凍された状態でした。

500株保有、3,000円相当の中身は以下の通りです。100株保有、2,000円相当の品と比較して、イベリコベーコン、鎌倉ハムウィンナーが加わっています。なので、この2品で1,000円相当ということになるのでしょう。

国産ムネ肉         2kg
沖縄琉香豚ばら肉薄切り 340g
沖縄琉香豚切り落とし   340g
イベリコベーコン      200g
鎌倉ハムウィンナー    400g

スポンサーリンク

沖縄琉香豚、イベリコ豚、鎌倉ハムといったブランドは我家の食材調達先であるパワーマートにも陳列されているので、すんなり受け入れることができました。しかし、前年に引き続き今回も送付されてきた、国産ムネ肉2kgが圧倒的な存在感を放っています。これは一度解凍したら全て使い切らなくてはいけません。このような商品はこれまでに一度も購入したことが無いため、どう料理するかが悩みどころです。
2名義分で6,000円相当の肉が到着しました。これだけの肉が届けば、今月は肉を購入する必要がないかも知れません。いつもより食費が軽減されそうです。

ジャパンミートの業績

平成29年7月期の業績は、新規出店及び買収した子会社が寄与して、売上は前期比6.8%増加したものの、利益面では新規出店に伴う費用発生から営業利益は前期比7.7%減少となりました。
期末配当は1株につき10円が10月24日に支払われる見込みであり、中間配当10円とあわせると年間の配当金は1株につき20円になり、前期と比較して10円の増配になります。最も効率の良い100株保有だと、配当優待利回りは2.3%になります。(株価1,737円、10月6日終値)
なお、配当性向の目安は掲げられていません。当期の1株当たり利益(連結)は100.28円を計上していますが、配当を支払った残りの内部留保分は、東京23区とその郊外を中心に新規出店を積極的に進めると共に、M&Aによる店舗網の拡大に使われます。今のところ、株価は買値を下回って推移していますが、今後も新規出店などによる成長が見込めるため、当面は保有継続です。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA