コメントを残す

粉末エキスでお馴染みの2814佐藤食品工業から株主優待品が到着

2814佐藤食品工業では粉末エキスの製造・販売をおこなっています。同社には株主優待制度があり、3月末の権利を取ると自社製品を貰うことができます。

スポンサーリンク

佐藤食品工業 株主優待

以下の株数を保有しつつ、3月末の権利を取るともらえます。

500株以上を保有 1,000円相当の自社製品

1,000株以上を保有 3,000円相当の自社製品

 

株主優待品

3,000円相当の自社製品です。内容は昨年に引き続き、今年も「粉末のお茶」でした。

↑ お茶の種類は緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶、紅茶、麦茶です。

↑ それぞれの箱の中にはカップ1杯(200ccくらい)に適した量のお茶エキスの粉末が入っています。

水でも飲めないことはないですが、お湯に溶かした方が溶けやすく、風味も良いような気がします。

↑ 麦茶だけは、何故か小分けされていません。スプーンで飲みたい量だけ作る仕様になっています。チャック付きの袋に入っていますが、湿気には要注意です。

スポンサーリンク

粉末エキス

優待のお茶をですが、品質は良いと思います。お茶の粉末は全てお湯に溶けて、コップの底にかすが溜まりません。お湯の分量さえ間違わなければ高級なお茶の味を楽しむことができます。高級と書いたのは、3,000円相当にしては、スーパーの市販品と比較して量が少ないと感じたからです。優待品の中に、粉末エキス販売の案内が同封されていましたが、購入することは無いでしょう。

清酒、ラム酒、ブランデーといった粉末酒も製造・販売しており、売上は前期比67.4増加しており、高い支持を受けているようです。粉末酒を溶かして飲むと、どのような味なのか気になります。今年の株主優待に入っているかと期待したのですが、お茶だけでした。

2814佐藤食品工業

配当利回りが3%以上になった場合に株を購入しています。1株配当が30円なので、株価が1,000円以下になったら買って、1,500円程度に値上がりしたら売却して利益を稼いでいます。最近の値上がりにより、今は全株売却しています。

この株の取引における注意点は、商いが少ないので売買が成立しにくいところにあります。一度値下がりを始めると思ったとおりの価格で約定できず、株価が急落してしまう危険があるので、値動きに勢いのある間に売却する必要があります。

今期は増収増益で好業績で、来期も同等の業績かと予想されます。再び株価が1,000円以下の定位置まで値下がりしたら購入したいのですが、その機会は当分先のことになりそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA