コメントを残す

(8473)SBIホールディングスから配当金と株主優待の案内が到着

第20期株主総会の通知及び配当金・株主優待の案内が到着しました。当期は増収増益であった為、期末配当金は1株あたり70円、年間配当は85円となりました。配当利回りは、平成30年6月8日終値2,881円の場合、2.95%になります。なお、配当性向は当期利益の40%を下限に設定しているため、業績によって増減します。当期の配当性向は40.1%であり、下限に近い値となっていますが、配当金額を年々増加させることに対して意欲を示しています。業績が伸び続ければ更に増配の可能性が高まります。

今後の業績見通し

第20期の業績は、世界的な株高の影響により証券部門の業績が好調であったこと、ファンドへの投資が大きな利益を生み出したことにより過去最高の利益を達成しました。
今後も株高が継続し、証券取引が活況を呈すれば、次期も利益更新が可能であると考えます。個人的には、そろそろ株高のピークを迎えそうな気がするのですが、SBIホールディングスの株価は上昇傾向にあるように見えます。

株主優待

高額なサプリメントが貰えます。1,000株以上保有していれば、相当な金額分のサプリメントが貰えますが、当方は保有株数が1,000株未満なので、アラプラスゴールド90粒/30日分 9,800円と、アラプラスからだシェイプ20包入り 3,218円が対象品となっており、合計13,018円相当の株主優待となります。申込期間は9月末日までとなっていますが、忘れないうちにハガキをポストに入れておきましょう。

↓ 株主優待の案内。自腹で買えば高級サプリメントですが、効果はどの程度あるのでしょうか。

 

株式の保有方針

株の買値から株価は相当上昇しており、こんなことなら沢山買っておけば良かったと悔やんでいます。今のところ株価は上昇傾向にあるので保有継続となりますが、増益の要因が投資結果によるものであるため、目論見が上手く回らなくなった場合は、速やかに利益確定を行います。(上手くできるかは不明。)
今期は配当性向40.1%で高配当になりました。もし、利益の更新ができなかったとしても、過去の配当性向を振り返ると55.9%の年もあるので、配当性向を調整して増配に持っていく公算は高いと思われます。ただし、その時の株価水準が現状を維持しているかは未知数である為、買い増しは行いません。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA