コメントを残す

すかいらーくグループで7月からQUOカードが使えなくなります

すかいらーくグループの一員であるガストで食事をした際に、レジにQUOカードの取り扱いは、2018年6月末までとの表示がありました。この時の会計はQUOカードで済ませましたが、残り約3ヶ月でQUOカードが受け付けてもらえなくなります。我家ではQUOカードを主にすかいらーくグループで使っていたので、ちょっと残念です。それは仕方ないことなのですが、どのような事情があってQUOカードの取り扱いを停止したのでしょうか。

QUOカードの取り扱いを停止する理由とは

すかいらーくグループは、2月20日にQUOカードの会計時における取り扱いの停止を公表しました。その数日前の2月14日に期末配当金を1株あたり24円から22円に減少させることを公表しています。同社の配当政策は純利益の40%を配当として支払うことを掲げていることから、減配したということは、当初予想した通りの利益が達成できなかったことになります。
そもそも、すかいらーくグループは手厚い株主優待があって、それがあまりにも大盤振る舞いに見えるため、利益を圧迫するのではないかとの懸念があります。今回は株主優待にメスを入れませんでしたが、成長路線を維持するため、一旦QUOカードの取り扱いを停止して、利益の確保に努めたのではないでしょうか。
一方、会計の際にグルメクーポンを貰いました。使うことで100円程度の値引きが受けられますが、こちらは集客効果が見込め、業績にとってプラスに働くのでしょうか。

株主優待は維持できるのか

すかいらーくグループの大株主であったベインキャピタルが持株を売り抜けた模様なので、手厚い優待によって株高を維持する必要性が乏しくなってきている気がします。株主の増加に伴い、優待による業績への負担増が無視できないものになり、成長路線が維持できないと判断された場合には、株主優待にもメスが入る可能性があります。

すかいらーくの株の投資判断

すかいらーくの株価は安くなっており、優待・配当利回りを見ると魅力的なのですが、業績懸念から来る優待の改悪・減配について、今後起こりえないとはいえないため、株の買付は当分見送る方針です。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA