コメントを残す

2019年7月の家庭菜園② 枝豆の収穫

 長く続いた梅雨がようやく終わり、暑い夏が来ました。いよいよ枝豆の収穫です。5月上旬に早生種の種をまいて、栽培していたのですが、長く続いた梅雨による日照不足により、なかなか実が膨らみませんでしたが、日数的にそろそろ食べごろなので収穫となりました。

枝豆の出来具合

 20本植えました。虫害を受けたものや、日照不足や雑草との生育競争に敗れて、枝豆の木が大きく育っていないものがありますが、さやの中身は食べごろの大きさに膨らんでいます。

 病気によるものなのか、枯れかかっている枝豆もありました。今回はコマツナと一緒に栽培したのですが、枝豆とコマツナとで密植状態となり、風通しが悪くなったことが原因でしょうか。枝豆のさやは膨らんでいますが、黄色く変色してしまい、あまり美味しくなさそうです。

 収穫した枝豆の量は、さや込みで517g。20本を栽培した結果としては少ない気がします。ただ、さやの内部に虫が入り込む害は受けなかったのが救いです。

枝豆の食味

 収穫日数は70~80日と種袋には記載されています。実際に収穫したのは、実が膨らむのを待っていたので、種まきから84日後です。枝豆が美味しく食べられる収穫時期は、10日前後と短いため、それと照らした場合、若干遅れ気味です。

 収穫は、陽が高くなる前の6時台に行いました。日の出前に収穫すると、枝豆に葉からの栄養が還流しているため、風味が最も良いみたいです。陽が上ると、枝豆の栄養が葉に回ってしまうそうです。

枝豆は塩茹でにして食べました。収穫量が少なかったので、1回で終わりました。茹で時間は約10分です。

 早速、朝ごはんに出して食べました。無農薬、無施肥で育てたので、生命力豊かな枝豆です。また、収穫時期や収穫時間もそれなりに合わせた事も、美味しさに結びついている(以上、自己満足)と感じながら、美味しく頂きました。

スポンサーリンク

コメントを残す

2019年夏に開催された千波湖花火大会 場所取りの状況など

 茨城県水戸市で7月20日(土)に開催された千波湖花火大会を見に行ってきました。花火が良く見える場所取りに成功しましたが、天候は生憎の雨。それでも場所が良かった為、花火大会をそれなりに満喫してきました。

場所とり

 場所は花火を打ち上げる場所から、千波湖を挟んだ対岸です。招待席が近くにありました。この位置なら花火の打ち上げ場所から遮るモノが無いので、打ち上げ高度が低いスターマインも全て見えます。

 また、曲に合わせた花火も、遠くからだと曲が聞こえず花火を観るだけになりますが、この位置なら曲と合わせて観賞できます。更にトイレが比較的近いこともポイントです。

場所確保の時刻

 16時に花火大会の有無を知らせる花火が上がります。その時間に場所取りを行いました。花火客はそれなりに居るものの、まだ、場所に余裕がありました。しかし、17時を過ぎてくると、辺りは全て埋まります。

↓16時過ぎの場所取りした周辺の状況。既に多くの場所がブルーシートなどによって埋まっています。

花火大会の状況

 雷雲が接近しており、花火の打ち上げ開始1時間前から雨が降り始めました。本降りになることを警戒し、空が雷で光る中、予定を30分早めて19時に花火大会が始まりました。多少の雨なら花火は良く見え、曲や花火の解説も聞き取れます。

 豪雨を覚悟していましたが、運良く強い雨にはならず、最後まで穏やかな心持で花火を観賞できました。予め降雨を想定して、傘や雨カッパを持参したことが幸いしました。ただ、花火大会が終了した後になっても、雨が降り止む気配は無く、傘を持ってきていない方々は寒そうです。よって、花火大会終了後は早々の撤収となります。

 帰宅の際、雨で混雑した中を徒歩で移動するのは億劫です。傘と傘がぶつからないように、行列に合わせてゆっくり進むことを心掛けます。ただ、降雨により、それほど人が集まっていない為か、人の過密はそれほどでもなく、傘を持っていない人が少なからず存在していたこともあり、思ったより歩きやすい状況でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

2019年7月の家庭菜園① コマツナの栽培適期

 今年のコマツナは、早春から初夏に掛けて時期を分散させて種を蒔き、程よい大きさになったところで収穫していました。

 コマツナは栽培が簡単な野菜ですが、寒い時期は生育が遅く、なかなか収穫に至らず、かといって暑くなると、葉が萎れたり、害虫によって穴だらけになります。そこで、これまでの栽培経験から、適度な生育で、かつ害虫による被害を受けない、種まきに適した時期を考察します。

3月に種まき

 生育は遅めですが、5月中には収穫できます。この時期の種まきが害虫による害が最も少なく、見た目にも質の良いコマツナが収穫できました。ただし、プランターで栽培する場合、5月の暑さ(最高気温30℃)により、葉が萎れる害がありました。

↓ 虫害がなく、見た目も良いコマツナ

4月に種まき

 収穫までの間にアブラムシが飛来するようになります。程よい大きさに育ったところでアブラムシが大量発生するのも癪なので、寒冷紗を掛けて、取り付かれるのを防ぎます。

5月に種まき

 この時期に種をまくと、一月が経過したくらいから順次収穫できるようになります。しかし、害虫による害を受けやすくなり、無農薬栽培の場合、葉が穴だらけになります。アブラムシ、イモムシ、コガネムシが付き、収穫しても食べられない部分が多くなりました。収穫には少し大きさが足りなくても、害虫が付く前に収穫するのも一手かもしれません。

↓ 収穫量は多いものの、穴だらけのコマツナ

↓ 栽培中のコマツナ。この時はまだ虫害をあまり受けていません。(枝豆と一緒に栽培しています。)

 以上の結果から、害虫による被害を受けにくいことから、最も種まきに適した適期は3月ということになりました。虫が活動を本格的に始める前なら、無農薬でも見た目がきれいなコマツナの収穫が望めます。

 6月以降は動きが活発になる害虫の被害を想定して、種まきは行っていません。次は、秋冬の収穫を目指して9月以降に種まきをする予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

(6506)安川電機が2019年3-5月期決算を発表

 7月11日の引け後に発表された、第一四半期の決算内容は、売上高が前期比16.2%減、営業利益は前期比58.2%減となり、世界的にサーボモーターやロボットへの投資が落ち込んでいることが浮き彫りになりました。さて、この決算を受けて明日以降の株価はどのように動くでしょうか。

これまでの株価の動き

 2019年1月、4月に発表された決算後の株価の動きを振り返ります。決算内容は何れも業績の減速を示しており、先行きが危ぶまれるものでしたが、決算を通過した後の株価は上げています。

 特に直近の4月11日に発表された決算後の値動きでは、高値圏であったにも関わらず、あの決算でも、寄り付きこそ安く始まりまったものの、その日のうちに値を戻しました。そして数日掛けて更なる高値を取りに行きます。このとき、自社株買いも合わせて発表されていますが、小規模であり株価への影響は限定的であったと考えます。この値動きの背景には、米中貿易交渉への楽観的な見通しがあったのでしょうか。

 しかし、ゴールデンウィークに入る前から株価は値下がりし始めます。理由は米中貿易交渉激化による経済減速懸念でした。このまま一方的に株価は下げ続けるように思われましたが、6月上旬には、6月末に行われたG20の成果期待から株価は底打ち反転、G20で米中貿易交渉の協議再開が発表されると、株価は大きく上昇します。米中貿易問題が抱える課題は解決していないのに、このときは、良い雰囲気だけで株価が動いているようでした。

 一方、先週から株価上昇の勢いが弱くなっています。これには決算内容への警戒感が現われているものと思われます。

これからの株価の動きを予想

 今回の決算では、3-5月期の実績は悪いものの、通期業績見通しは据え置きのままです。この数字で下方修正を出さない理由が分からないのですが、内部関係者から見ると、先行きの見通しは明るいのでしょうか(確かに受注残高は底を打ったように見えますが)。また、この業績に対しても、強気姿勢を貫いていることで、市場から前向きな評価を得られる可能性もあります。

 今のところ米中貿易問題に係る新たな火種は出ていないため、市場では良い雰囲気が保たれていると考えます。更に、これから顕在化する人手不足を解決する一手として、ロボットへの投資が進むことも認識されており、株価も徹底的に売込みにくい状況にあると思います。

 以上のことから、明日以降の株価の値動きですが、寄り付き後の値下がりは限定的であり、下げ止まり後、業績の底打ち、回復期待から買われる展開を予想します。寄付きからの値下り幅は、決算前の値動きで、どれくらい決算内容が織り込まれているのかに拠るため、注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

(3472)大江戸温泉リート投資法人を分配金・優待目的で買い付けました

 投資主への分配金は5月、11月末の年2回、1口あたり2,380円の支払いを予定しています。7月10日終値86,800円の場合、分配金利回りは5.48%になります。また、10口以上を保有すると、投資主優待として宿泊優待券を受取れます。

分配金

 過去3期分の1口あたり分配金を振り返ると、2017年11月期:2,392円、2018年5月期:2,435円、2018年11月期2,466円となっています。

 2019年5月期及び11月期の分配金は1口あたり2,380円。過去と比較すると、金額が少し減っています。これは、旗艦店舗である大江戸温泉物語レオマリゾートの賃料を見直したことが要因です。レオマリゾート内にある遊園地等の運営維持費を考慮した結果、賃料の値下げに至っています。他3物件の賃料を経営実態に合わせて値上げしましたが、レオマリゾートの賃料値下げ分を十分に補えず、予定されている分配金額は引き下げられています。

 また、賃料には変動分があり、経営状況によって分配金が若干上下に変動するようです。

投資主優待

 額面1,000円の宿泊優待券を5口保有で1枚、10口保有で2枚受取れます。有効期限は1年間で、年2回受取れます。宿泊時期を調整すれば、5月期分と、11月期分の優待券をまとめて使用できます(会計時の使用枚数に制限なし)。これなら宿泊費をかなり安く済ませられそうです。

 しかし、土日祝日は使用不可との縛りがあります。他にも、年末年始、お盆、ゴールデンウィーク等の大型連休も使用不可です。なので、平日に宿泊できるなら、使える優待になります。

 なお、優待が使える宿泊施設数は、2017年は9施設でしたが、現在は14施設まで増えています。

大江戸温泉リート投資法人の買い付けについて

 5月末の権利落ち以降、株価はしばらく値下がりしていましたが、最近になり勢い良く値上がりしているように感じて、置いていかれる前に買い付けました。

 消費税増税による宿泊者減少の懸念がありますが、当リート法人の業績見通しは、日本政府による観光立国政策の後押しもあり、温泉宿泊施設の経営は安定的と見ており、悲観的ではありません。よって、物件の賃料値下げによる、分配金減額の可能性は低いと考えます。

 温泉宿泊施設の抱える問題として、後継者不足や施設の老朽化があります。これら問題の解決策の1つとして、当リート投資法人への買収引き合いもあります。中長期的に見れば、公募増資により運営施設を増やすことが見込まれます。その際に株価が変動しそうですが、何時になるかはわかりません。それよりも5.4%の利回りプラス投資主優待受取りの実現を優先させました。

スポンサーリンク