コメントを残す

2020年5月の家庭菜園 葉物野菜の収穫

 今年3月上旬に種まきしたコマツナとほうれん草を収穫しました。

生育状況

 コマツナ、ほうれん草共に、種まきから2ヶ月は経過しています。種袋の説明書きによると食べ頃の時期ですが、基本的に放置栽培で間引きをしていない為、大きさが揃っていません。

↓ ほうれん草。土地が肥えていないのか、背丈が小さく葉の色も黄色っぽくなっています。また、種の蒔き時は合っているのに、何故かトウ立ちが始まっています。

↓ こちらのほうれん草は良く育っています。この場所は生ゴミ堆肥を投入しているので、土が肥えているのでしょう。堆肥を入れていない場所と何もしていない場所で明らかな違いが認められて面白いです。

↓ コマツナ。堆肥無しでもここまで育ちました。間引きすればもう少し大きくなりそうです。無農薬なので虫食いの跡がちらほらあります。このまま放っておくと、全て虫に食べられてしまいそうなので、比較的大きく育っているものから収穫していきます。

コマツナ・ほうれん草の試食

↓ 収穫したコマツナ・ほうれん草。ほうれん草はトウ立ちが進んでいるもの=土が肥えていない場所で育てたものから収穫したので、コマツナと比べて色が黄色っぽく見えます。

↓ コマツナ・ほうれん草共に、朝の味噌汁の具にしました。火を通すと緑色になりました。収穫後、すぐに調理したので食べてみると、味の濃さや噛み応えを感じることができました。ほうれん草は、冬に収穫したものだと甘味があって、より美味しいのですが、今回収穫したものでも新鮮な味わいを楽しめました。

スポンサーリンク