投稿日: コメントを残す

父親による娘(3歳)の子守、アクアワールド大洗へ

妻に「△日は留守にするから、娘のことをよろしくね。」と言われました。普段は母親べったりな娘のことだから、妻が居なくなると不安になるだろうなーとかブツブツ言っていたら、「水族館にでも行って来れば?」と言われました。
娘にお父さんと2人で水族館に行く?と聞いてみたら、アッサリ「いいよ。」との回答を得たので、初めて父子で水族館に行って来ました。
水族館に行くに差当り、装備する子守アイテムは、機嫌取り用のおやつとジュース、万一のお漏らしに備えたタオル、パンツです。(あ、ズボン忘れた・・・)

 

アクアワールド大洗へ

到着は9:30。駐車場は空いていて、あまり歩かずに館内に入れる距離に駐車することができました。館内も空いていて、これなら娘と手を繋いでゆっくりと魚を観て回ることができそうです。しかし、娘は興味が無い水槽はチラッと観て、さっさと次に進んでいきます。こっちはもう少し観たいのに・・・娘が興味を持ったのは、ギンポ、クラゲ、フンボルトペンギンとオーシャンライブでした。特にオーシャンライブはお気に入りで10時、12時、16時から開演されたものをそれぞれ観ました。イルカのジャンプに迫力があり、水しぶきを観て楽しんでいました。

↓ フンボルトペンギン。娘は泳いでいる姿をひたすら観ていました。ただ、寒がりなペンギンなので、寒い季節はあまり泳いでいません。

↓ 娘の手に寄ってきたドクターフィッシュ。角質が少ない為か、あまり寄ってきませんが、長時間楽しんでいました。

ランチ

水族館内のレストランが混雑しており、空席が少ない&娘に席を取らせて自分だけ買物に行けない状況だったので、車で一旦外に出て、近くの定食屋に行きました。落ち着いて昼食を取り、再び水族館に戻ります。昼食後、娘が疲れを感じているかもしれないと思い、「もう一回水族館に行く?」と聞いたところ、「うん、行く。」との返事が返ってきました。どうやら娘は父親との水族館を楽しんでくれていたようです。

 

今回、娘と一日過してわかったこと

歩き疲れてのダッコをせがまなくなりました。娘は3歳後半。可愛いのですが、長時間ダッコすると重さを感じてしまうのです。今回は1日中、水族館内を歩き回ったにも関わらず、初めてダッコのおねだりが無かったので、娘の成長を実感することが出来ました。(帰宅後には眠くて動けないとか言っていましたが。)
また、ワガママを言い、それが受け入れられないものだと解かると、大泣きする様なこともありませんでした。これは母親が居なかった為かもしれませんが。
このような事が続けば、お出かけの範囲が広がり、娘の世界も更に広がりそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA