投稿日: コメントを残す

リスクモンスターから図書カードが到着

リスクモンスター(3748)

与信管理サービス事業(販売代金を回収に備えて、取引先の信用力について現状やその動向を予測・管理する)及びビジネスポータルサイト事業(インターネットを中心に提供する中堅・中小企業向けビジネスポータルサイト 「 J-MOTTO(ジェイモット) 」 を利用できる会員向けサービス)が主な収益源です。

与信管理に係る国内最大級のデータベースと高いデータ分析力、また、これまでの事業展開により培ってきた豊富な実績とノウハウを強みに業績は好調で2017年第2四半期において売上高は前期比104.2%、経常利益は前期比131.8%と大きく上回っています。

配当金

配当金は年に1度、3月の権利を取ると配当金を受領できます。1株当たりの配当金は期を重ねるごとに0.5円ずつ増額されています。2017年3月期の1株配当予想は前期配当よりも0.5円高い11.0円です。配当性向30%、総還元性向60%を目標に掲げていますが、配当額は配当性向30%までには達しておらず(20%)、更なる増配の余地があります。ひょっとして、毎期少しずつ増配してジョンソン・エンド・ジョンソンのような○○年連続増配中という実績作りを目指しているのかもしれません。それなら長期で保有していれば良い事があるかも知れませんね。

株主優待

ここは株主優待制度があり、300株以上を6ヶ月以上の期間保有していると、幾つかの商品から1つ選ぶことが出来ます。保有期間が3年以上になると貰える商品の額が増額されます。具体的には300株保有の場合は1,500円→2,000円、500株保有の場合は2,000円→3,000円になり、1,000株以上保有の場合は3,000円→4,000円になります。

我が家では選べる商品の中から図書カードを選びました。私がNISA口座で1700株、妻が一般口座で300株保有しています。どちらの保有期間も3年未満ですので3,000円分と1,500円分の図書カードが送られてきました。

NISA口座で保有

2014年に、この銘柄を見つけました。その頃は株価が低位ヨコヨコで推移しており、ひっそり佇んでいるように見えました。独自の強みを生かした事業内容から市場で高い評価を受け、数年以内に株価が暴騰するのではないかという期待感からNISA口座の全額100万円を注ぎ込みました。

保有した当初は株価が買値付近でフラフラしていて、出来高も少なく人気はイマイチでした。株主総会にもあまり株主が集まっていない様子で、そのことが事業報告書に記事として載っていたこともありました。(次回株主総会に参加すればリスモンキャラクターのぬいぐるみが貰えると案内にあった記憶があります。)

最近になり株価が動き始めた予感がするので、NISA口座で買った甲斐のある貴重な銘柄になりそうです。(株価の高いところで利益確定出来ればの話ですが・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA