投稿日: コメントを残す

シダックスの料金システムについて

土曜日の午前中にカラオケシダックスに行き、一家3人でフリータイム(18時まで)を選択しました。フロントで受け取った伝票には21:00まではフリータイムと記載されており、実際に部屋を出たのは18:45でした。その場合の料金の算出方法についてまとめました。

↓ 今回の最高得点(88.446点)。嫁さんが出しました。半年振りのカラオケなのでこんなもんです。

 

支払金額の計算

シダックスに入店したのは11:00、出たのは18:45で、請求金額は3,790円でした。

ここで料金の詳細を見てみましょう。
18時までのフリータイム(会員価格・フリードリンク付き)は1人当たり1,375円です。(子供は幼児なので0円になります。)
カラオケの最中にメガポテト(820円)を1つ注文しました。
以上の場合、料金は3,790円になります。
利用料金の計算方法
非会員の当日のフリータイム料金は1,833円(税別)です。そして会員価格は非会員の料金から25%を減じた料金(1,374.75円)になります。このことがレシート上の「ルーム割引」に表示され、会員価格分値引きされているのです。
よって、今回の場合における料金は・・・
大人2人フリータイム 1,833×2人1.08=3,960円
メガポテト1皿820円(税込み)
合計4,780円

これに会員価格分に該当するルーム割引
1,833×0.25×2人×1.08=990円
を引くと、
請求金額である3.790円になります。

フリータイムで18時前に入店すると、21時までは18時までのフリータイム料金でカラオケシダックスに滞在できるみたいですね。

シダックス株主優待を使う

シダックスは、カラオケ事業からの撤退を発表していますが、未だ株主優待券を使用できます。
今回は、1枚540円の株主優待券を5枚使いましたので、上記請求金額から2,700円を割り引くことができます。よって、実際の支払い金額は1,090円になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA