投稿日: コメントを残す

仕事を辞める直前の気まずい雰囲気

年末退職を円滑に行うために、一通りの業務をやり終え、業務の引継ぎも完了しつつありました。事は計画通りに進んでいますが、当方に関し、職場内での会話が明らかに減少しています。
なぜなら今進めている業務に参画することが無い、退職する身である私はアテにされていないからです。周囲が盛り上がっているのを見ると、頭では分かっていても疎外感を感じてしまいます。

 

負け組社員になった

業務引継ぎを終え、現在の仕事に取組まない以上、会社での存在意義が無くなりつつあります。
企業では、仕事が出来ない・周囲との関わり合いが上手くできない社員が居た場合、当人の退職を促すかのように、仕事を奪い、周囲との関わり合いを持たせないようにして透明人間のような処遇にする場合があるようです。
私も最近になり、その透明人間のような気分を味わっおります。
透明人間からの脱却方法は、自分の行動を見つめなおし、周囲との調和を回復させることですが、退職までのカウントダウンが始まっているこの期に及んでは、現状を受け入れる他ありません。(有給消化期間に入った為、出社日数は数える程度。)

 

自分は恵まれていたのかも知れない

私が属していた職場は、ストレスを抱えた人間が多数居て、仕事の精度も完璧を要求され、存在しているだけできつく感じるところでした。それでも私は、周囲から無視されるとか、周りが居る中で怒鳴り散らされるような人格否定を受けたことはありませんでした。(自分が運良くそのような出来事に遭遇しなかっただけで、残念ながら周りは平穏ではありませんでした。精神に異常を感じている方が数名おります。)
私も現職場に居続けたら、動悸などの異常を発生させてしまうようなトラブルに巻き込まれていたかも知れません。社内遊泳術には長けている方ではないので、精神的に病んでしまう可能性は大きいです。

 

今の気分

職場での存在感は落ちましたが、仕事の圧力から解放されたので、心は軽いです。受け持っている仕事を何時いつまでに終わらせるための算段や、乗り越えなければならないハードルの通過方法について悩むことはありません。
唯一残っているのが送別会です。行きたくないのですが、ケジメなので参加します。(断るとどのような後ろ指を指されるのかが恐ろしいので・・・)余計な発言をしないよう細心の注意を払いながら円満に退職することが私にとって最後の勤めになります。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA