投稿日: コメントを残す

2018年6月の資産状況

2018年6月末の資産状況です。信用取引の含み益は引続き増えましたが、現物で保有している株式の評価額も先月に引続いて減少しています。

 

私の証券口座

2018年6月末の現物株の含み損益
186,951円
前月比:△889,173円

2018年6月末の信用取引の含み損益
5,957,600円
前月比:1,890,100円

現物株の含み益は、大きく減少しました。アダストリア(2685)、ジオマテック(6907)の株価が更に値下がりしたことが主な要因です。
一方、信用取引分は空売り継続中であるメガチップス(6875)の株価が更に値下がりしたことにより、含み益が増加しています。なお、メガチップスの株価推移は、当分値下がりが続くものと予想しております。(願望)

2018年6月の取引

利益 654,328円

6月の取引は信用期限を迎えたメガチップス(6875)の利益確定を中心に行っています。やや大きい利益を確保しているように見えますが、逆日歩の費用も大きく、利益を減らしています。また、3月末も空売りポジションを持っていたため、配当金の支払いも手痛い損金となりました。
しかし、ここに来てやっと平成30年度の損益が黒字に転換しました。

平成30年度の損益(配当金を除く)
124,321円

2018年6月の受取配当金

6月の受取配当金額(税引き後): 170,120円

NISAで保有中のジオマテック(6907)を中心に複数社から配当金を受け取りました。今月の配当金額は大きいですが、株価の値下がりに伴う評価額の減少の方が気掛かりです。

平成30年度の受取配当金(税引き後)
233,266円

 

妻の証券口座

2018年6月末の現物株の含み損益
△601,487円
先月比 △436,173

含み損が更に拡大しています・・・アダストリア、ジオマテックの値下がりが続く限り好転は望めません。なお、夏のボーナスの入金は、未だ行っておりません。

2018年6月の取引

利益:82,214円

コタ(4923)、岡谷電機産業(6926)を利益確定した一方で、リプロセル(4978)、プロトコーポレーション(4298)の損失を確定させました。結果、利益の方が多く残りました。しかし、今後は含み損を抱える銘柄が複数あるため、利益確定の機会は訪れず、損切りの決断が増えそうな予感がします。

平成30年度の損益(配当金を除く)
3,689,789円

2018年6月の受取配当金

6月の受取配当金額(税引き後): 119,043円

ジオマテック(6907)、日本商業開発(3252)、東海染工(3577)からの配当が主です。

平成30年度の受取配当金(税引き後)
177,349円

2018年6月末の資産状況

今月は保有している銘柄が全体的に値下がりしたため、信用空売り分は利益が増加し、現物保有分は含み損が増加しました。
来月は信用期限が到来するメガチップスの返済売りを継続しながら、現物株(特にジオマテックやアダストリア)の含み損拡大を見守る日々になりそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA