投稿日: コメントを残す

共働き家庭の食卓

仕事を終え、帰宅してからの料理は翌日のお弁当の準備も含め、とても億劫に感じます。そこまで料理が好きという夫婦ではないので、帰宅後はゆっくりしたいのです。だからといって毎食がコンビニの弁当やスーパーの総菜では体に良くなさそうであり、特に子供の成長への影響が大きそうです。また、毎食購入だと、食費も嵩みそうです。そこで今回は普段の食事の支度に対する我が家の取り組みを記事にしました。

週末に集中して料理

仕事のある平日夜に料理をするのが嫌なら、休日に頑張るしかありません。よって、夫婦総出で集中して料理をしています。2人で協力することができれば効率良くできます。(子供が不機嫌な場合等はどちらか一人で頑張る。)

以下に我が家の1週間の流れを書いていきます。

手順①計画

食材を買いに行く前に、1週間分の献立を立ててから冷蔵庫に残っている食材をチェックし、購入の必要がある食材をメモ用紙に書き出します。この中で献立を考えるのが最も大変に感じます。料理のレパートリーが少ないと何時も同じ料理になってしまうので・・・

手順②調達

手順①で作成したメモを頼りにスーパーで食材を購入します。ここでメモから必要な食材が抜けていると、また買い物に行くようなので注意が必要です。

手順③料理

休日の夕方頃から料理を始めます。最近は子供も興味を持って台所にやって来るので、ちょっとした家族行事になっています。日曜日の夕方にすることが多いので、笑点とかサザエさん等のテレビ番組は観れません。

週の中頃には料理が必要になる

週末に作り置きしても、水曜日か木曜日には全て消費してしまいす。そこから先はカレーとか鍋等の簡単なメニューになります。予め献立には短時間で調理が済むものを選んでおきます。また、この頃からお弁当には冷凍食品が登場します。

週末は外食

土曜日の夜等は外食が多いです。週の1日くらいは家事から解放されたいでのす。

まとめ

献立のメニューは未だ改善の余地がありますが、食材の購入が週1回になったことにより、妻が専業主婦の頃より食費が安く済むようになりました。買い物の回数が減ったことで無駄な買い物が殆ど無くなったことが食費低減に繋がっていす。

また、家族で料理が出来るようになると、やがて子供が料理をできるようになり、成長に良い影響になりそうです。

毎日手料理で食卓を飾ることが理想ですが、作り置きにも限界があるので、最終的には冷凍食品に頼っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA