コメントを残す

7455三城ホールディングスから配当金か到着

三城ホールディングスから配当金の通知が到着しました。この銘柄は、高配当利回り(株価479円で3.34%)なので、インカムゲイン目的で購入しています。ただ、利益以上に配当を支払っているので、先行きに楽観はできません。そこで、同封されている第70期中間報告書に目を通しました。

スポンサーリンク

社長が代わった

株主への挨拶の項を見ると、社長ってこんな雰囲気だったかなと違和感を感じました。ページをめくってみると、前社長は今年10月に逝去したことが記されていました。生涯現役だったのですね、ご冥福をお祈りします。

さて、新社長の挨拶ですが、中頃に「現在、医療の進歩により平均寿命が延び、近未来にはロボットと共生できる世界になろうとしています。」と記されており、何やら新分野への進出、或いは新商品の投入を窺わせる様なことが書いてありますが、後に続く文が、「このようななかで、私どもはこれまでどおり、多様化するお客様の・・・」でした。これからも「これまでどおり」頑張るそうです。私にはどういう意図があるのか、この作文ではわかりませんでした。

第70期の第2四半期業績

国内では、メガネの単価が下げ止まっていること、メガネの売上数も順調であったことから、売上・利益共に前期より改善しています。しかし、海外展開は苦戦している模様です。

売上は前期比1.6%増の26,398百万円、経常利益は441.4%増の905百万円となり、結果、純利益は前期157百万円の赤字から558百万円の黒字を確保しています。業績はこんなに改善されているのに、なぜ株価は上がってこないのでしょうか・・・

スポンサーリンク

パリミキの株主優待

メガネ、レンズ、サングラス、美と健康商品の販売価格から20%割り引けるカードが2枚送付されてきました。この優待を使用した場合の営業利益率を考慮すると、利益が発生せず、赤字になります。それでも優待カード1枚の利用で最大5名まで利用できる大盤振る舞いな設定です。このようなことをしたら、本業の利益を圧迫しそうですが、優待を使う株主は小数なのでしょうか。私はパリミキの株主になる前にメガネを購入した事がありますが、その際の購入代金は5万円でした。この優待が手元にあれば、1万円安くなったのに・・・だからといって、優待を持参してメガネを購入する気持ちはありませんが。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA