投稿日: コメントを残す

2017年度NISA活用の検討 その2

過去に2017年のNISA活用銘柄としてジオマテック(6907)を候補として選びました。しかし、ジオマテックは最近値上がりしてしまい、配当利回りが4%を下回ってきました。このまま上がっていく分には問題ないのですが、他にも候補として放置され気味の銘柄がありましたので将来の値上がりを期待できるかNISA口座でめの投資先として検討しました。

NISA口座での投資先として選んだ銘柄

三城ホールディングス(7455)

 

選定した理由

株価が低い場所で安定しているから

チャートを見ると株価が低い場所で約5年間安定しています。

その間の業績は

売上高 595億円~537億円

純利益 4億円~△12億円

で推移しています。

一方で株価は500円を基準として、上下100円の値幅で推移しています。業績は過去株高だった頃と比較すると、利益は大きく減少していますが、それでも幅があります。純利益が赤字だった場合には更に売り込まれても不思議ではないのですが、その割に株価は安定しており、今後直近5年間の業績が継続したとしても、更に株を売りたい株主はあまり存在していないように感じます。

よって、今後業績次第では株価は値上がりするだけという状況だとすると、株価450円くらいで買う事が出来れば5年以内には利益確定できる機会が訪れるかも知れません。あくまでも業績の向上に拠りますが。

高配当だから

配当利回りが年利3.93%あります。(2月7日の株価458円)

毎期1株18円の配当を継続しています。この配当は6年間に渡り継続しています。しかし、1株当たりの配当額が1株当たり純利益を上回っています。資本金を減らしながら配当を続けているので、いつまで高配当が続くかは不透明です。今の配当を継続してくれることを願うしかありません。

パリミキのメガネを自身が使っているから

価格破壊により一昔前からメガネは随分安くなりました。しかし、私はパリミキでメガネを買っています。なぜ高い金額のメガネを選んでいるのか。それはメガネをかけた時、メガネが軽く顔に掛かる負担が少ない為、使用感が良いからです。

毎日使うものなので、購入価格は5万円以上するちょっと良い物を選びました。しかし、高いからといっても何年も使えるものではなく、レンズが傷ついたり落ちない汚れが付着するので数年に一度は買い替える必要があります。よって、私も少しだけパリミキの業績に貢献しています。

私は良いメガネだと思って使っています。良い物であれば、市場から評価される筈なので、それに連動して業績も良くなることを期待したいです。

 

三城ホールディングス株の購入まとめ

業績が良かった頃、株価は2千円台で、1株当たりの配当金額は63.0円~31.5円でした。メガネは利益率の高い商品でした。しかし、メガネの価格破壊による競争激化により業績は低迷し今に至ります。

引き続き国内では苦戦している模様ですが、海外(東南アジア)での売上・利益はこれから伸びそうなので、業績の巻き返しによる株価の上昇が期待できそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA