投稿日: コメントを残す

早期リタイア達成のための家計管理

リタイア後の生活手段の基盤になる資産形成。それを最短ルートで目指すには、家計をチェックでき、家庭の環境に応じて計画を立てる必要があります。例えば、妻に内緒でヘソクリを作ったり、相談せずに借金をしたりすると家計におけるお金の流れが一部把握できなくなり、最良の計画が立てられなくなります。よって、私の家庭では資産・負債の状況がお互いに全て把握できるようにしています。今回の記事では、我が家の家計管理のルールについて記事にしました。

家計管理ルールを決める時期

結婚後、同居を始める前に家計管理について方向性だけでも決めておくことが必要です。なぜなら家計管理のルールを決めずにズルズルいってしまうと、家計が管理されていない状況に慣れてしまい、家計を管理するぞ!と言ってみたところで、その時には夫、妻それぞれのルールが出来上がっていて、いまさらルール変更するにしても腰が重くなります。

結婚前のそれぞれの資産は誰のもの

結婚前の人生までは良くないところも含めて共有しないという考えから、結婚前の資産についてもそれぞれの持ち分としました。ただ、どれくらい持っているのかという話をしました。そのときに「そんなに持っているなら家計に出してよ!」とか、「全然持ってないじゃいない!」なんて言われても困りますので、そこは相互の信頼関係が必要です。

我が家の家計管理分担

毎月の主な収入の記録となる給料明細を公開します。隠していると、やがて疑心暗鬼になりますので。それから、お互いの勤労収入を家計の口座(妻名義の口座)に移し、そこから生活費、早期リタイアのための積立金が証券口座(これも妻名義)に流れていきます。生活費の管理は妻が家計簿をつけることで月々の支出を管理し、家計の証券口座の方は私が確定申告を含め管理しています。

早期リタイアの資産形成のために

家計の収入・支出から、早期リタイアのために毎月これくらいの金額なら積立できる、ということが結婚生活1年経過くらいから分かってきたので、毎月の証券口座への積立金額を固定しました。なお、積立金額については、ドケチ生活で心が消耗していくことは避けたいので、ある程度ゆとりある生活ができるようにしています。

安定した家計運用

以上の家計管理ルールによって、金銭に関する夫婦間の揉め事はあまり起きていません。

また、早期リタイアのための資産を形成するという目的を夫婦で共有できるので心強いです。また、無駄使いもそれぞれが独身のときと比較して少なくなり、家計にはプラスに働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA