投稿日: コメントを残す

占いコンテツで稼ぐザッパラス(3770)から株主総会の通知が到着

20~40台向けの女性をターゲットとした「占いコンテンツ」が主な売り上げを占めているザッパラスから株主総会の通知が到着しました。女性に支持されているサービスを展開している事と、良財務であることから、数年前に株を購入したのですが、その直後から塩漬けになっています。一時は半値近くまで下落しましたが、最近は緩やかに値上がりしています。この調子で上がってもらえると助かるのですが、利益確定の時は訪れるのでしょうか。
スポンサーリンク

売上は右肩下がり

売上高は前期比12.8%減の48億円ですが、前期に減損処理等を行っており、固定費を圧縮しているため、経常利益は前期比86.1%増加して3億円を計上しました。1株当たり利益は10.59円(前期は△42.37円)となり、このことを受けて株価も緩やかに上昇しているものと思われます。
また、株主総会で議案が通れば、1株当たり5円の配当が支払われます。(前期は赤字を受けて無配)

使用人の状況

社員数が前期比27人減の137人になっています。これは約16%の離職率であり、これでは経営が成立つのかと不安を感じてしまいます。離職率の高さの説明については「退職による自然減」としかありませんでした。退職された方々は、事業の先行きに不安を感じていたのでしょうか?
対処すべき課題の1つに「コーポレートブランド価値を向上させて、事業を支える優秀な人材の獲得するための広報活動を進める」とありますが、
これだけの離職率だと、報酬を増やす等(キャッシュは沢山溜め込んでいる)の待遇改善を検討しないと思うように人材は集まらないような気がします。
スポンサーリンク

株価は上昇を続けられるか

売上、従業員数が共に減少していることを見ると、占いコンテンツの新技術を取り入れた改良等の対応では現状の打開は難しい気がします。
しかし、自己資本比率は93%と高く、現金比率が74%もあり、財務基盤は磐石です。このキャッシュを用いて事業を興し、一発当てれば株価にも反応が現れそうです。が、今のところそのような計画はなく、単に財務状況が良いだけでは、資本を有効に使えていないため、市場からの評価は低いままの状況が続きそうです。よって、利益確定の為には、何かしらの思惑で株価が上がってくれるのを待つしかなさそうです。
スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA