投稿日: コメントを残す

平成29年度 3回目のふるさと納税 トイレットペーパー

前年度(平成29年)に行ったふるさと納税の返礼品としてトイレットペーパー96個が届きました。納税先は岐阜県瑞穂市(ぎふけんみずほし)で、1万円を納めました。

 スポンサーリンク

ふるさと納税の返礼品にトイレットペーパーを選んだ理由

妻の希望により、日常生活を送る上で必要なトイレットペーパーを選びました。買うと嵩張りますが、ふるさと納税を行った場合は、自宅まで送付してもらえるので助かります。

実際に届いたトイレットペーパー

トイレットペーパーが入っている大きめのダンボール箱が2つ届きました。トイレットペーパーの銘柄は中村製紙㈱の「かぐやひめ」です。

 

↓ 箱を開けるとトイレットペーパーが4袋入っています。

スポンサーリンク

↓ 一袋当り12個のトイレットペーパーが入っています。1万円のふるさと納税では96個なので、この袋8つになります。おかげで我家の収納はトイレットペーパーでかなりの部分が占有されました。

↓ 「かぐやひめ」です。芯あり70mのシングルタイプです。高級紙ではないため、使い心地は「普通」かと。

どれくらいの期間で届いたか

今回は12月30日にふるさと納税を行い、翌年1月12日には返礼品が到着しました。納期は正月を跨いで約半月でした。

返礼率はどれくらいなのか

Amazonで「トイレットペーパー かぐやひめ」と入力したところ、該当する商品はありませんでした。そこで、「トイレットペーパー、シングル、70m」と入力して、同等品の値段を調べてみました。結果、月十字印業務用トイレットペーパー70m、100個が6,902円(送料無料)で販売されていました。岐阜県瑞穂市のトイレットペーパーは、これよりも4個少ないですが、1万円の納税に対する返礼率は6割を超えており、十分にお得であると言えそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA