投稿日: コメントを残す

自宅の庭に家庭菜園を作る ⑧ベビーリーフの収穫

家庭菜園での種まきから20日程が経過しました。他の野菜は小さく収穫できる状態ではありませんが、若葉を食べるベビーリーフが、サラダに出来そうなくらい育ってきたので、収穫&試食です。

 

ベビーリーフの収穫

ハサミを使って、軸を切らないよう葉だけを収穫します。葉が密集しているので手間が掛かります。葉を1枚、1枚丁寧に摘み取ります。

↓ 寒冷紗の中で育ったベビーリーフ。草丈10cm以上まで生長しました。種まきから20日でここまで育ったペースを考えると、これからはマメに収穫できそうです。

↓ ハサミを使って、葉を1枚ずつ収穫します。この方法は面倒なので、やがて手でちぎっての収穫になりました。葉は柔らかく、手でも容易に葉を採ることができます。

 

 

ベビーリーフの試食

家庭菜園での初収穫となったベビーリーフを水で軽く洗って、そのまま頂きます。食べてみた感想として、スーパーで売られているベビーリーフと比較して、味は変わらないが、葉がとても柔らかく、美味しいと感じました。これならレストランでも出せそうです。
こんなに美味しく感じたのは、まだ小さい若葉を摘んだことと、収穫したての状態で、食卓に並んだからでしょう。スーパーのように輸送に掛かる時間、店内に陳列されている時間が無いため、とても鮮度は高いはずです。
ベビーリーフの葉には一部、虫にかじられたような穴が空いていました。若干の苦味はあるものの、柔らかい葉なので、虫が好んで食べそうです。しかし、寒冷紗の中で栽培しているため、農薬を使わなくても被害は少なく済んでいます。

↓ ベビーリーフのサラダ。ドレッシングをかけずにそのまま頂きました。いつもドレッシングをかける嫁さんも、今回はかけずに食べました。

なお、3歳の子供にはあまり美味しいとは感じなかったようです。葉に苦味があるからでしょうか。収穫は楽しくやっていたのに・・・ちょっと残念です。

追記

昨日のサラダが美味しかったので、翌日もベビーリーフを収穫して食卓に出しました。しかし、どういう訳か前日のような葉の柔らかさがありませんでした。スーパーで購入したモノと変わらない食感と味でした。
それは、葉が取られ傷つけられたことから、自らを守る為に硬くなったのでしょうか。もしそうだとしたら、最初の収穫でしか美味しい思いはできない事になるのかもしれません・・・

 

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA