投稿日: コメントを残す

自宅の庭に家庭菜園を作る ⑥苗植えと種まき

家庭菜園がとりあえず完成したので、野菜の種と苗を購入し、育てる段階に入りました。
堆肥撒きから1週間しか経過していませんが(本には堆肥撒きから2週間後に種まきと書いてある。)暖かくなってきたので、あまり気にせず種まきと苗植えを行いました。

家庭菜園に撒いた野菜の種

↓ ニンジン、ほうれん草、小松菜、サラダ用のベビーリーフです。ホームセンターで買うと、1袋187円します。内容量が多いのでしょうが、4坪の家庭菜園では持て余してしまいます。なので、ニンジンとほうれん草の種は百均にあったのを購入しました。

↓ 枝豆も作ります。豆類には根に近い土に、植物の主な栄養素のうち、窒素を貯める効果があるので、土が肥えます。枝豆の収穫と土の改良を狙って栽培することにしました。虫が付かなければ栽培は簡単だそうです。

家庭菜園に植えた苗

↓ 左から順に、栗かぼちゃ、安納芋、べにはるか(芋)、中玉トマト、ミニトマトになります。ミニトマトは、甘い品種を買いました。虫が付かなければ良いのですが。
栗かぼちゃは苗1本だと、受粉が難しいそうです。雄花と雌花の開花タイミングが合わないと実ができません。上手く実を結ぶか分かりませんが、挑戦です。

家庭菜園に埋めた種芋など

↓ ジャガイモの種芋が安くなっていたので購入しました。種芋から育てるには若干が遅い気もしますが、栽培は簡単なので家庭菜園で作ります。
品種はコロール。煮物等に向いているようです。

↓ アスパラガスの根っこも安くなっていたのでチャレンジです。1年生なので、収穫には1年以上待つ必要があります。

↓ アスパラガスのパッケージには「1株」と記されていたのですが、袋の中には根っこが2つ入っていました。1つは駄目になるかもということなのでしょうか。

種まき等が完了した家庭菜園

手前の畝には寒冷紗を設けて、虫の侵入を防ぎます。寒冷紗の中には枝豆、ニンジン、ほうれん草、小松菜、ベビーリーフがあります。また、寒冷紗外側にアスパラの根っこが埋まっています。
土を多く盛った奥側の畝には、栗かぼちゃ、じゃがいも、ミニトマト、中玉トマト、サツマイモを植えました。

来週には芽が出てくるでしょうか。
子供と一緒に家庭菜園での作業を楽しみました。これを機会に野菜を好きになってもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA