投稿日: コメントを残す

平成29年度 1回目のふるさと納税

今年1回目のふるさと納税を行いました。返礼品はやはり実生活で役に立つモノと考えて、毎日食している「お米」にしました。これなら余ることなく、全て使い切ることが出来ます。

スポンサーリンク

ふるさと納税先の自治体

山形県は新庄市と上山市にしました。選んだ理由は、ふるさと納税額が1万円当たり、お米20kgが返礼品として受け取れること、お米のブランド名が「はえぬき」なので、きっと美味しいだろうと勝手に期待したからです。

一方、ふるさと納税の行き過ぎた返礼品競争を抑えるために、受け取れるお米の量をふるさと納税額が1万円当たり15kg位に減量した自治体もあります。しかし強制ではなく、自治体同士での強調も図られていないため、ふるさと納税による税収に大きな差が発生して、納税額が減った自治体からは不満の声が上がりそうですが・・・今後この制度はどうなるのでしょう?新たな決まり事が出来るのでしょうか?

お米の量

上記2つの自治体を合わせて、受け取れるお米の量を120kgにしました。ふるさと納税額はそれぞれの自治体を合わせて6万円になります。これで1ヶ月当り10kgを一家で賄える計算になります。但し、子供の成長(食事量)に合わせてお米の消費量が増えつつあるので、この量では不足する可能性があります。その時は株主優待で受取れるお米やお米券でカバーすることになります。それでも不足する場合は、更にふるさと納税を行うか、お米を買いに行くことになります。

 

スポンサーリンク

お米到着の時期

山形県新庄市は11月より任意の月に分割して20kgずつ送付してもらうことが出来ますが、上山市は4月~9月の期間で3回に分割して20kgずつ送付されてきます。
これにより我家では今年11月から、来年9月まで定期的にお米が送付される仕組みになりました。(今年10月までは昨年に行ったふるさと納税分のお米が送付される)
オペレーションの違いからなのか、発送月が自治体毎に異なります。細かくお米の受取時期が設定できない自治体もあるので、ふるさと納税先選定の際には注意したいポイントです。

 

いつ収穫したお米が届くのか

山形県新庄市は平成29年度に収穫したお米が届きます。一方で山形県上山市は平成28年度収穫分が届くようです。
ん?もしかして山形県上山市のお米は今年の4月から9月の間に送付という事なのでしょうか。もしそうだとしたら8月に4~9月に3分割して送付するという案内は何かが間違っている気がします。
よって、山形県新庄市は新米が届くので、ふるさと納税でお米を選ぶ場合はオススメの自治体です。一方で山形県上山市は古米の可能性がありますが、実際にはどんなお米が届くのか、これはこれで楽しみです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA