投稿日: コメントを残す

家庭用トランポリンで遊ぶ

子供のうちからトランポリンでぴょんぴょん飛んでいると、バランス感覚が養われ、運動神経が良くなると聞きました。3歳になった我が子の良い成長の糧になればと考え、購入してみました。

スポンサーリンク

家庭用トランポリンの購入

購入に際し、アマゾンで家庭用トランポリンの値段を調べてみると4,000円程度でした。意外と安いなという印象だったので、迷わず購入です。
子供は、公園にある大きなトランポリンがマイブームらしく、トランポリンを購入した旨を伝えると、とても楽しみにして到着を待っていました。

家庭用トランポリンの組立て

注文から2日後くらいにトランポリンが到着しました。箱はそれなりに重いですが、体を預けるトランポリンにしては思ったよりも軽い印象です。

箱から出してみると、半分に折畳まれたトランポリンと、6本の支柱が入った箱が入っていました。

スポンサーリンク

トランポリンの組立は必ず大人が2人で行う旨、取扱い説明書に書いてあります。それは、折畳んであるトランポリンを広げる際に、バネの力が強く働きトランポリンが広がりにくいからです。手が滑った反動によりトランポリンの外枠に体をぶつけると怪我をするかも知れないので要注意です。

トランポリンを広げたら、バネに足が挟まれないようにオレンジのカバーをはめ込み、6本の支柱を取り付ければ組立完了です。組立てに要した時間は計っていませんが、作業自体は簡単でした。
なお、安全と騒音を考慮して、トランポリンのバネは金属製ではなく、頑丈な布のような素材の物を購入しました。これなら万一、足がバネとバネの間に入ってしまっても、怪我の程度が小さく済む確率が上がります。

実際に飛んでみた

トランポリンが組み上がったら、早速子供がぴょんぴょんと飛び始めました。最初はトランポリンからはみ出して、床に落ちないか見ていたのですが、上手にジャンプできており心配無用でした。
トランポリンの直径は1.02m。屋内用なので、高いジャンプは出来ません。私も飛んでみたのですが、飛び始めてから直に呼吸が上がり、短時間であっても相当な運動量になることが良くわかりました。その後チャレンジした妻も私と同様の意見でした。妻の運動不足解消にも繋がりそうで、これからはユーチューブでトランポリンエクササイズ動画を観ながら、家族みんなで楽しめそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA