投稿日: コメントを残す

シダックスの株主優待券を使ってカラオケを家族で楽しむ

我家ではシダックス株(4837)を100株保有しており、3月の権利を取ると2,500円分のレストラン・カラオケ優待券がもらえます。この度、日曜日の天気が生憎の雨により外で遊べなかったので、優待券を持って家族で近所のシダックスにカラオケに行きました。

スポンサーリンク

カラオケの料金プラン

シダックスの利用料金には様々なプランがあるため、事前にプランを決めておいた方が、トータル料金で有利になります。ノープランで行くと、30分当たりOO円の割高な料金を支払う事になります。

また、予めシダックス会員に登録しておくことで料金の割引が受けられますので、予めスマートフォンで会員証を取得しておきましょう。

さて、今回のプランですが、我家の場合は2歳の子供が居るので、夕方には帰ります。なので20時までのフリータイム@1人当たり1,000円を選択する予定で行きました。しかし、16時頃シダックスに到着したのですが、この時にはフリータイムの受付は終了していました。話を聞くところによると、フリータイムの枠が予め決められており、本日は既に枠を使い切っていたとの事でした。フリータイムを狙うのなら、もっと早い時間に家を出るべきでした。

予定外の事に少し悩みましたが、このまま帰るのも釈然としないので、3時間・ドリンクバー付き@1人当たり1,400円のプランを選択しました。

 

カラオケを楽しむ

キッズルームが空いていたので、そこに案内されました。なお、キッズルームは禁煙なので、タバコを吸われる方は要注意です。

さて、カラオケを始めますが、子供は割りと直ぐに飽きました。子供の知っている童謡も歌ったのですが、2歳児にはちょっと早い様です。しかし、キッズルームには幼児向けの玩具があり、それを使って遊んでくれたのでカラオケを3時間楽しむことができ、良いストレス発散になりました。

スポンサーリンク

支払い

シダックスでは丸井グループが発行しているエポスカード等、いくつかのカードを提示すると料金が最大で30%割引になります。今回のプランでは20%の割引が適用されました。なお、この割引は株主優待券と併用できます。

よって、支払い金額は・・・(1,400円×2人)×0.8 = 2,260円

になり、支払いに株主優待券を4枚使用すると、540円×4枚=2,140円 が株主優待券でカバーでき、最終的に支払った現金は80円になりました。80円でこれだけ楽しめたのなら十分満足です。

まだ1枚、株主優待券が残っています。次は今回の経験を踏まえ、確実にフリータイムに入れるように、もっと早めに家を出発したいです。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA