投稿日: コメントを残す

NURO光の契約を危うく訪問営業で決めそうになった

日曜日の昼下がりにインターホンのチャイムが鳴り、出てみるとNURO光の斡旋営業でした。話を聞いてみると、今使っている接続回線の10倍の速度があり、ウィルス対策ソフトも無料で付いてきて、Wi-Fiに対応したルーターが使えるというプランに素晴らしい!と感じてしまい、回線申込書にサインをしてしまいました。しかし、営業の話には不審な所があり、自分で調べていくうちに抱いていた不信感が大きくなっていきました。

スポンサーリンク

営業の説明における不審な点

今のメールアドレスが引継げる?

NURO契約に差当たり、今利用しているプロパイダ契約を解除する必要がありますが、今利用しているメールアドレスは「メールコース」を選択する事で継続して使えるという点。

自身でプロパイダのHPで確認したところ、解約に際してそのような情報は確認できませんでした。結局、メールアドレスは変更することになりそうだという結論に至ります。

キャッシュバックキャンペーンの説明が無かった

平成29年2月中に契約すると、3万円のキャッシュバックが受取れるキャンペーンがあります。当然、現在利用しているプロパイダを解約すると、解約する月によっては違約金が発生します。しかし、3万円がキャッシュバックされれば、違約金を支払ってもお釣りが出ます。

しかし、営業の説明では、キャッシュバックキャンペーンについても、違約金の事についても全くありませんでした。

契約することが全て

上記の通り、説明は雑でしたが契約へのサインに関しての動きは早かったです。

給料が歩合制なのかどうかはわかりませんが、契約数によって手取りが違ってくるのでしょう。

営業が帰った後で、音声案内による利用料金の支払い方法に関する電話がありましがが、登録できませんでした。それから放置していたら数分後に再度来たので確実に契約を取るという姿勢はあったと思われます。

スポンサーリンク

契約を解除

訪問に来た営業の説明が不審だったこと、営業はNURO光の斡旋業者であることから、そのような良くわからない業者と契約を結ぶ事は危険であると判断して、翌日NURO光のお客様相談窓口に契約を解除する旨の連絡を入れて、無事に解約することが出来ました。まだこの段階ではクレジットカードの番号も、引き落とし口座の番号も伝えていなかったのでそれほど心配はしていなかったのですが直に連絡しました。

ひょっとしてクーリングオフをするために内容証明を送付する手間が掛かることも有り得るかと思っていましたが、電話1本で解約手続きが済んだので助かりました。

反省点

基本的に自分自身で調べた上で、納得して「契約」するべきだということを痛感しました。このような判断を他人に委ねると本当に危険です。このような状態で契約を結んでしまい、その後回線でのトラブルが発生した事を考えると不安を感じます。

一方でNURO光は冒頭でもあった通り、月々の利用料金も今と比較して千円弱安くなる事、回線の速度が上がる事等からプロバイダを変更する事は「アリ」だと思います。良く調べて、内容を把握した上で、改めてNURO光のホームページから申し込みたいと考えています。

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA