投稿日: コメントを残す

水戸市森林公園のローラー滑り台で遊ぶ

暖かで穏やかな日だったので水戸市にある森林公園に家族で遊びに行きました。目的は気分転換と公園内にあるローラー滑り台等の遊具で遊ぶことです。

スポンサーリンク

昼下がりに到着

15時過ぎに森林公園駐車場に到着しました。駐車スペースが無さそうなくらい駐車場は車であふれていましたが、帰る方もちらほら出る時間帯なのか、駐車場内をぐるぐる回ることなく車を駐車することができました。

この公園は大自然の中を無料で遊べるので、家族連れの方が多く訪れていました。いつも遊ぶ場所が近所の公園に飽きてしまうので、たまには森林公園で遊ぶのも良い刺激になります。

滑り台を楽しむ

早速、歩いてローラー滑り台に向かいますが、天気が良いので沢山の人出があります。順番待ちをして滑り台を楽しみます。

2歳の娘はローラー滑り台の上にある長めの滑り台がお気に入りのようで、ローラー滑り台よりも多く滑っていました。

こちらの滑り台はローラー滑り台ではありませんが、滑る際にダンボールをお尻の下に敷くと滑るスピードが増します。

一方、森林公園のメイン滑り台である、この滑り台の下にある長いローラー滑り台を楽しみます。滑る際にダンボールをお尻の下に敷くとお尻が痛くならないうえ、より滑るスピードが増します。(ゴーッとい音も大きくなるので、下に誰もいない事を確認しましょう。下に居るお友達が、この音に驚きます。)

滑り台が真直ぐなので、滑る速さなら笠間市の北山公園のローラー滑り台を上回ります。距離はそんなに長くありませんが、スピードを楽しむなら水戸市森林公園の滑り台がオススメです。

スポンサーリンク

新緑が見頃

ちょうど森林公園の木々が芽吹き始めました。子供は遊具に夢中ですが、これから更に暖かくなれば森林浴を楽しむこともでき、良い気分転換になります。

森林公園で遊ぶ際の注意点

ローラー滑り台はお尻が埃で汚れます。さんざん滑り台を楽しんだ後でお尻を見て驚きました。また、滑り台周辺の地面は乾燥していると埃が立ち易いので歩く際に注意が必要です。なお、子供は全体的に埃まみれになるので、予め着替えを持っていって正解でした。

15時から16時30分までの1時間30分も遊べば2歳の子供は満足するだろうと考えていたのですが、それだけの時間では遊び足りないようで、「まだ帰らない。」と言いながら30分延長して17時まで遊んでいました。楽しめるようになると、なかなか帰りたがらなくなります。また、その頃の時間になると周りが帰り始めるため、遊具を独り占めできて楽しくなるようです。

成長に伴う体力の増加により、少しずつ遊べる時間が増えてきていますが、やはり疲れたのか帰りの車内では直に寝てしまいました。羨ましい身分です。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA