投稿日: コメントを残す

すかいらーくの株主優待を使ってランチ

すかいらーく(3197)を夫婦それぞれ100株持っているので、昨年6月権利分の株主優待券を4枚、計2,000円分を持って家族3人で夢庵に行ってきました。私はガストに行きたい気分だったのですが、今回は妻の希望を優先させました。なお、朝食の時間が遅かったので、軽めの昼食です。

夢庵を選んだ理由

夢庵は座敷の席が多いので、長時間椅子に座っていられない年頃の子供(2才後半)でも落ち着いて食事を取ることができます。テーブル席だと、動き回れないストレスからなのか、落ち着かず妻にダッコを要求してきます。そうなると今度は妻が落ち着いて食事を取れないモヤモヤが溜まっていきます。座敷の席なら自ら歩いて私のほうに移動できるのでダッコの担当を替えやすく、妻のモヤモヤ感もある程度緩和できます。

よって妻の育児ストレス緩和のため、ガスト行きを諦め夢庵にした次第でありました。

家族でランチ

妻はうどんと天ぷらのセット、私は天丼を注文しました。天ぷらの海老が細い印象を受けましたが、美味しく頂きました。天ぷらが良く揚がっているので、中身の具がもう少し大きくなれば更に美味しさが増すと思われます。

さて、会計は2,000円に満たない金額でした。株主優待券500円×4枚を全部渡してもお釣りが出ません。そこで3枚の株主優待券にクオカードを添えて支払いを済ませました。すかいらーくグループはクオカードも使えるので、他の銘柄の株主優待で得たクオカードはこういった場合に消費させています。結果、手元にすかいらーくの株主優待券1枚を残し、お財布からの出金は0円でお昼を済ませることが出来ました。

㈱すかいらーく(3197)

ここの株は、配当優待利回りが良いと判断して2016年5月中旬に夫婦それぞれ100株購入しました。この時、更に株価が下がるようなら買い増しも想定していたのですが、思ったよりも下がらず100株保有の状況が続いています。

主力は「ガスト」ですが、他にも使えるファミリーレストランが複数あるので我家にとっては気楽に使える、勝手の良い株主優待です。

2014年10月に再上場を果たしてからの業績は好調な様で、日経会社情報2017年新春号によりますと営業利益、経常利益共に伸びる予想であり、更なる増配も期待できそうです。ただ、円安により食材の仕入れ負担が増しそうですが、株価は上を目指して行きそうな動きです。今のところ買値より+20%程の利が乗っていますが、配当優待が魅力的なので今後も引き続き保有する方針です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA