投稿日: コメントを残す

平成30年度分(3539)ジャパンミートの株主優待

(3539)ジャパンミート株を500株保有しています。今年も10月12日(金)に株主優待の3,000円分の「肉」が到着しました。

 

優待品(肉)の中身

今年はどんな「肉」が入っているだろうかと、ワクワクしながら発泡スチロールのケースを開封します。

↓ 開封し、優待品送付案内状を取ったところ。冷凍肉が保冷剤と共に冷凍された状態でケース内に並んでいます。

↓ ケースから取り出して、優待品の肉を並べてみました・・・どこか見覚えのある肉です。

500株以上で貰える株主優待は、案内状によると・・・

国産ムネ肉         2kg
沖縄琉香豚ばら肉薄切り 340g
沖縄琉香豚切り落とし   340g
イベリコベーコン      200g
鎌倉ハムウィンナー    400g

と記されており
結果、肉の種類、内容量共に平成29年度の株主優待と全く同じ内容でした。
相変わらず、「国産若鶏むね肉」2kgの塊が異様な存在感を出しています。嫁さんは「せめて小分けにして欲しい。」と申しております。まさか今年も100株株主から10、000株株主までそれぞれに設定されている優待品全てに入っているとは・・・むね肉2kgに関しては、悲喜交々なのではないでしょうか。
東証1部に指定されたジャパンミートですが、優待品に特別な変更はありませんでした。そろそろ変化をつけてみても良いと思います。

記念配当

一方、第40期の期末配当は普通配当10円に東証1部指定記念配当が10円が加算され、1株当り20円の配当になります。中間配当10円と合わせると年間配当は1株あたり30円になり、10円の増配となります。
当期の1株あたり利益は61.95円なので、配当性向は50%弱になります。
配当を出しすぎると、経営方針に掲げている「積極的な新規出店」に必要な資金が確保できなくなるため、来期以降は今までどおり年間配当20円に戻ると思われます。

ジャパンミート株の保有方針

最近の株価は伸び悩んでいるように見えますが、業績では売上・利益共に伸びており、これからも新規出店を積極的に進める方針であることから、株価は再度上がる可能性があると考えます。よって、継続保有とし、来年も今年と同様の株主優待が到着するものと思われます。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA